◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2009/09/04◉ 4度目のインド
いきなり、続けてアップしまくっています

今まで書きためていたのですが、
なかなかインターネット環境がよくなったので、アップできずにおりました~。


さて、

今回は4度目のインド。

基本的により多くの国をみたいので、
同じ国にはあまり行きたくない主義のわたしなのだが、
インドにはこれで4度目だ!ということを改めてよく考えてみた。



一度目のインドの感想。
ひどい目にあって、死にそうな病に冒され、
帰国後も数ヶ月苦しみ
インド人はもちろん、インド料理屋の看板をみただけで吐き気がする。
FXXXING INDIA!!

2度目のインドの感想。
まじめなインド人と親切なインド人にたくさん会い、
そしてたくさん助けられて
いいインド人も多いのね。と。
しかし、
刺激的なインドは好きでも、インド人はやっぱり苦手!


今年、3月。3度目のインドの感想。
南のインド人はかなりいい人が多く、私の知らないインドを体験した。
南のインド人に限っては好き、、と言いたいが、
旅の終わりには、北の悪党も、インド人のむちゃくちゃさも
なんかまるごとひっくるめて好きになっていた。。
いままで、「インド人」って違う星の生物のようにみていたけど、同じ人間として親近感を持てるようになった。
ただ、個性が強すぎる人間と思えてきたのだ。

あの黒い肌、特殊な衣装、ぎょろりとした目、、
全体的に発する近寄りがたい外見の異様さもいいかげん見慣れたのか、
おもしろく、興味深く思えるのだ。
そして、、美しく、かわいらしくも見えるようになった。

どうしても好きになれなかったインド人を好きになれたことを
とてもうれしく思う自分がいた。



そして、今回、、
4度目のインド。


たった4ヶ月ぶりのインドだったからか、
4度目でいい加減慣れたからか、


全てが日常に見えている。


牛と一緒に歩くこと、物乞いの子供達、牛の糞だらけの汚い道、
3度目のインドまでは何度見ても刺激的で、
「うわっ、きったないなー」、、、とか
「うるさいなー」、、とか
いちいち感にさわっていたのだが、、、

今回は極めて淡々とインドの景色、インド人とふれあえているという感じなのだ。


それは

まるでずっと東京に住んだあとに田舎の実家に帰った感覚に似てるというか。。

都会生活が日常であるなか、帰ってすぐの田舎は違和感を感じるものだ。
しかし、すぐに自分自身も田舎モードにかわり、方言を話し、振る舞いが変わり、
自分の日常となる。

そんな感じなのだ。


なんか、、、、慣れたと言うよりも
自分が溶け込んだのかな。


それは、3度目のインドで、インドの全てを受け入れたからなのだろうか。

それとも、
前世でインド人だったとすれば、やっと自分自身がそれを受け入れたのだろうか。

。。。。


理由つけられるようで、つけられないような
不思議な感覚を感じている。



もう一つのインドに対する変化。

それはインドでの出来事の受け止め方が変わったこと。



ぼったくろうとするインド人、
めちゃくちゃなことを言うインド人、
うっとうしいインド人。

以前のように本気で腹がたたないし、イライラもしないのだ。

もちろん、
そりゃ、あの強引さとしつこさにはムカッともイラッともきますが、
本気で腹が立たないんです。


とれるだけ取ろうとするのがインド人で、そういう国を選んできてるのは自分。
適性価格より高かろうが、自分の判断のもとに、自分が払えるから払った金額。
まあ、そんなお金だってたかが知れてるもの。
それだってインドを楽しむ必要資金なのだ。

自分の判断ですべて受け入れてることなのだと思えるようになったからなのだろうか。
腹が立たないんです。


そして、
ふと思いました。

インドって
自分の人生において身近に起こりうるトラブルがただ凝縮された国だと。

思い通りにならないことや「まさか」が日常的に起こる国、、。
ぼったくり、
ウソ、
故障、
スケジュール通りに動かない交通機関。
などなど。。


まあ、大概のトラブルなんてなんとかなるものだけど、(待つ忍耐力とお金で解決)
なかなかなんともならないのは心の問題だ。


怒り、憤り。


いちいちネガティブにトラブルを受け止めて、
誰かのせいにして生きていても何もいいことがない。
「トラブル=悪い出来事」という方程式をもつか、「楽しもう、勉強できた!」と思えるかで
同じ出来事でも不幸にも幸福にもなるのだ。

悪い出来事が自分を苦しめると思いがちだけど、
自分の心が自分を苦しめてるだけなのだ。


それって、
日本で平凡に暮らしていたって同じ事だと思うのだ。


自分を試せる国、
自分を鍛えられる国。
インドはそういう心の学びや心の訓練ができる国でもあると思うと、
このインドの不便さ不快さが楽しみにも変わる。



そんなわけで、
「インド、イコール異質」という自分の外側のものという意識から、
「インド、イコール日常、心の鍛錬」という内側のものと変わったインドの旅。


なんか、これからのインドの旅がさらにワクワクしてきた!

いままでとインドの見方を変えた今。
今初インドに旅発つような思いになってきた!


今夜12時。
明日は朝3時半起き。

今日もあんまり寝れません


そして、初めての地。
インドの最北端の街、レーへ向かって飛びます!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/51-8cbb918a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。