◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2011/06/28◉ 2日目/BBQの炊き出し
藤原さん一家が身を寄せている石井さん宅の庭でBBQの炊き出しをしました!


藤原さんのお子さんたちが楽しみにしているということで私たちもはりきって準備!

中村さん宅にたちよったあとは釜石のスーパーで野菜、飲み物など大量購入!
(物資はこの時点でかなり豊富にありました!)

2日目:BBQ - 010
購入したものの一部。
費用は人徳ある真希さんの治療院のお客さんやご友人、
信頼ある三田村家のお寺関係の方からの義援金などからまかなわれております。



前日に遠野にいってお肉を購入!

知らなかったのですが、遠野はジンギスカンが有名なのですね~!

しかも購入したお店は、結構全国からこの肉を求めてくるんだという名店らしく!


そしてびっくりなのが、このジンギスカン用の鉄板(というのか?)は無料貸し出ししてくれるのです!
遠野のアウトドアスタイルはこれらしくて、みんな家庭用のBBQセットは持っておらず、こうやってお肉と一緒に借りるのが主流とか!


へぇ~~!!・・でしたっ!


こんな地方の文化にも触れられたのはいいオマケでした。


さて、誰に向けてBBQをしたのかというと、

藤原さん一家と石井さんご夫婦。
そしてこの敷地で車の修理屋を営みながら被災生活してる山館さん。(自宅は被災して住めなくなっています)

そして、藤原さんのお子さんの学校のお友達、、、という形で、
藤原さん・山館さん・石井さん家族を軸に広がった縁ある人達向けの炊き出しという形です。


   一体どれだけの人が集まるのか・・


私たちも「炊き出し」は初めてだったりもしたので、かなり「未」な形でのスタートでした!


さあ、はじまりました!


P4215239.jpg


みんな誰に指示されなくてもいい感じで動きはじめました☆


2日目:BBQ - 008


山館さんの事務所から(車の修理)テーブルなどをお借りして、

石井さんのお宅からまな板や包丁などをお借りして、

そんでもって、子供さん達にもしっかり手伝ってもらって、

石井さんにはおにぎりを作ってもらったりもして、


世にいう「ボランティアは自己完結で!」というのとはほど遠いスタイルでした。w


でも、個人的には、

こちら側からだけ「やってあげる」というのではなく、一緒に創っていけたのはすごくよかったと思います。


別チームできていた、真希さんのおさななじみのtukikoyaチーム(前日に避難所でカフェライブ&カイロサービスを一緒にしました。)も合流!

てか、実は彼らが一番心強かったかも~!!

アウトドアに慣れてる彼らは、BBQセットも提供してくれて、なんとも華麗に手際よく準備してくれました!!


2日目:BBQ - 012


さ、さすが~!!

こうやって見てると、本当に「支援」は1人じゃできないなぁって改めて思いました。
(あたしには絶対火はおこせませんっ!)


彼らの愛犬、ティアラちゃんも参加。

癒し犬として大活躍でした!


2日目:BBQ - 071





tukikoyaチームは、ここでもカフェサービスをやってくれて、

すっかり楽しい雰囲気の場が出来上がっていきました☆


2日目:BBQ - 025


tukikoyaオーナー英治さん。HAPPYオーラ溢れて、素敵な笑顔の彼。
彼自体がかなり癒しの存在です。


2日目:BBQ - 032


カフェといったら、団らん。一息トーク。
そういうおしゃべりできる空間もカフェサービスによってしっかり作られていました~♪



メインのお肉は大盛況!!


2日目:BBQ - 028
ホントおいしそうでしょ~


2日目:BBQ - 015
鶏肉もこんなにおいしそうに焼けました。あたしもいろいろ勉強になったな~





       「震災後はじめての肉だ~!!」


って、幸せそうにお肉をがっついてる姿の中高生の男の子の姿が印象的で、

ああ、おいしいお肉をわざわざ買いに行ってよかったなぁと思いました。
(釜石ー遠野は車で40分ぐらい)


2日目:BBQ - 021



IMGP7824.jpg


焼きそばもおいしそうでしょ。


iwate (490)


即席のヒラメキで煮込みまで作っちゃった真希さん☆おいしかった!
料理上手な真希さんだからこそのアイディア。

が場面場面で現れるみんなの特技に関心しっぱなし☆


2日目:BBQ - 072
焼きおにぎりも登場!
滞在していたホテルの食堂は炊き出し所になっていたのだけど、そこで余ったご飯をいつももらっていましたw.
今回はそのご飯をおにぎりにして焼きおにぎりにして提供~!
そういうものもうまく有効流用できるのも個人支援ならではかな~(^^)






iwate (495)


遅れてきた子にもしっかり配布できて、そんでちょうどお肉完売って感じでした!
完璧な量だった~!



今はもう、十分に食をとれる状況ですが、空腹は満たされるけど「おいしいもの」はなかなか食べれない、、という状況。

あたし達だってやっぱり、疲れている時なんかとくにおいしいもの食べないと元気でないですもんね。


おいしいものを食べたときに緩む緊張感と得られる幸福感。


一瞬のものだけど、これがたまにあるのとないとじゃ未来への希望もかわるんじゃないかな~と。




個人的な支援。


避難所でする炊き出しとは違う空気感と一体感を感じられました☆

支援者と被災者の間の壁は薄かったと思います。



沢山の人を支援はできないけど、

どのみち、どーやったって被災者全員に平等な支援なんてできないですもんね。


ならば縁ある少ない人たちだけでも精一杯元気の種を植えたいと思うんです。






石井さん宅は車の通り沿いということもあって、
ここを通る人達が「なんだなんだ??」という感じで混じってきたりもしました。

しかし、近づいてきたものの、ちょっと躊躇している様子。


「おばあちゃん~、たべてって~」

声をかけると降りてきてくれた。


歯が悪いというおばあちゃんに、焼きそばとおにぎりを渡すと、そのおばあちゃんはせっかく買い物してきたばかりのアップルパイを3つもくれた。


「いいの、いいの~」と、さすがにもられないよ~、、とうまく返そうとしても断固受け取ってくれない。

何度かそんなやり取りをしたけど、


最後は「本当にありがとう~!!おばちゃーん!」と受け取った。


そして、次に迷い込んできたおばちゃんのお土産にあげました。


IMGP7828.jpg

ついでに車にあった物資もおすそわけ。
初めはこわばっていたけど、タバコをあげたら「ニコ~ッ!」としていました。
noriくん支援してくれたタバコはこのおばちゃんの笑顔になったよ~!




この事を通して思った事。


よく、「ボランティアにいって施されてる人もいる!」って叩くような言葉もきくけど、
でも、時に、そういう形の地元の方との心の交流もあっていいと思った。


そのときに、


「本当にありがとう~!うれしい~!」
という気持ちを返して、ありがたく受け取ったほうが、その人の心を強くするのかもしれないと思いました。


助けられて人に喜ばされるのもうれしいけど、

でも、

人を喜ばす事ができた時のほうが、
そこで満たされる気持ちと自尊心から、
人って生きて行くエネルギーが強まってくんじゃないかなと思いました。



そう、


      「自立を促す支援」



これがあたしの理想の支援のカタチなんだなぁと思います。

どんな人生も、みんな最後は自分の足で歩かなきゃいけない。

私たちがする支援の最終到達はそこなんじゃないかなと思うんです。



でも、気負うのはよすことにしてます。


そういう意識だけ自分の根底にもちながら、

自然なカタチで、
自分ができるカタチで、

今後もそんな支援活動を続けていけたらいいな~と思ってます。


2日目:BBQ - 062
ツイッターに随時情報発信する龍ちゃんとお肉待てのティアラちゃん





BBQ編 続きまーす→










今日もご来訪ありがとうございます!
いつかこの種が芽をだし花が咲きます様に。。ぽちっと応援お願いします♪→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びま~す!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/380-9b502295
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。