◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2011/05/02◉ あたしができる事。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング応援ポチよろしくです♪


神戸から帰ってきて、1週間後に被災地に同行するメンバーとミーティングをすることになっていた。

メンバーはあたし以外に3人。

てっちゃんと3月にも一度物資を運んだという2人(姉弟)

この姉弟とは初対面。



「あたしは何をしよう」


引き続き日々ふつふつと考えていた。


「神戸の縁を繋ぐ」
「現状をしっかりみてきて、それをみんなに伝える事をする」

今回はそれだけでもいいんだ!って思ってもいたんだけど、


でも、やっぱり今回のボランティアチームに便乗させてもらう身分としては、
ある程度「コレができます」というものぐらいは自分の中で創り上げて参加したいと思った。




あたしが理想とする、ボランティアの定義は


     「その人の特技であること」





神戸から帰ってきて出発までの10日間。

ありえないほど毎日ぎゅーぎゅー詰め詰めで人に会うことになっていた。
(内、オール2日w)


      いろんな人に問うてるうちにひらめいてくるかもっ!


人と会う度に、被災地にいく話をしてみた。


そんな中で聞けたひとつの話。


「友達がストレスが溜まっているであろう避難所の方をヒーリングしにいったんだよね。
でも、むしろそのヒーリングよりも、
みんなすごく自分の辛かった話を聞いて欲しそうだった、、、って言っていたよー。」



  
             ・・・・・・・・・・・・



             コレだ!!
     
 
あたしをよく知ってる人ならよ~くご存知だと思いますが、

あたしはお話好き。 (笑)  
(会った事ない方もこの毎回のブログの長さで察しがつきますね。w)




仕事もずっと営業。
メインは不動産営業だから、私生活とかライフスタイル、好みとかそれとなく聞く事も仕事。

飲み屋で働いていたときもあったなーと思うとw、まさにそれはお話の仕事w。



    被災者の方とお話すること。



        これって、
        むしろ、やりたいことだった。
        

     


ふと、過去の記憶がよみがえってきた。

不動産の仕事で個人のオーナーさんとやりとりをしていた時のこと。

他の営業マンには許してくれない事を許してもらえた事が多かったこと。

「なんだかわかんないけど、あなたにはこんなことまで話せてしまいます」
と、玄関先でいろんな問題の本音を語ってくれたおじいちゃんオーナー。


そして、


人の相談に乗るのも好きだし、男女ともども相談をもちかけられることも多いなぁ、、なんてこともふと思う。


そして、ここ近年、

「なんか、みきてぃと話すとなんだかすごくパワーもらえる!

「みきてぃに話きいてもらいたくなる!


そんなうれしい言葉をかけられる事がやたら多くて、ちょっと自分でも驚いていた事。



そんな断片的な記憶が次々頭に降ってきた!




        これって、、もしや「特技」??


        培ってきた「スキル」?

  


          なんて、なんて


          ・、いっちゃてもいいのかぁぁ~?!?!





            うん、もう、これで行こうっ!

         (てか、他がないから、これで行くしかないっ!!)




なんだか、あたしの心は晴れやかだった。



ミーティングの前、時間が少し余っていたのでてっちゃんと一杯やりながらプレミーティング。


「やりたい事が決まったの!」と上記のことを話してみた。


すると、


            「うん、”スナックみき”やればいいんじゃない?」



神戸のnori&canna邸に訪れる来客を、
家主が寝ても茶の間で接待(?!)することが多かったので、

cannaちゃんに

「今度さ、12時過ぎたら、表に”スナックみき”って看板出しとくわー」

と、いわれたという

神戸での小話を覚えていた一言だった。



 ・・・なるほど、そう繋がるか~w        




・・しかし、確かに。。。


あたしもまいったときは、

やっぱり酒のんでまったり話すが一番のストレス解消っ!


なんてったって、スナックとかクラブ文化が日本にあるってことはそれは、
現地のおとーさんたちにとって、いちばんなじみやすい「癒し」かもしれない。


「話をきく」っていう行業しい行為よりも、

一緒に、ちょっとお酒でも飲んで
気が緩まった中で、被災の話の雰囲気になれば聞けばいいし、
全然違う話で気を楽にできるのならそうすればいい。

今回訪れるのは個人宅→少人数!そんな事もできるのかもしれないっ!



        人に話しをふっていくと、どんどんアイディアが広がって行く☆



ようやく最後の最後で
さらに方向性が固まって、ミーティングに望む事ができた!


てっちゃん意外のメンバーは初対面。


どんな方たちなんだろう、、

今回の支援活動の意識は・・方向性は・・??
(ボランティアする人の考え方に大きな開きがあると思うんですよね~)



「あたしのやりたいこと、できる事はお話することです!」


なんつーのが、受け入れられるのかっ?!?!
軽く嘲笑されやしないのかっ?!?!

などなど、

このミーティング前まで実は、結構ドキドキと不安だったんです・・



しかし、


このミーティングでいろんなことを話した結果、


根本的な考え方、目的、方向性、価値観というものが一緒であることを感じられましたっ!





一度、現地に出向いてる方達、、と聞くと、

なんというか、ボランティアのプロ(?)というか、、、

「あーしなければっ、こーしなければっ、こーあるべきでっ!予定はきっちりたてて、、」

なんてーふうに、固い方達かも??

と、正直ちょっとビビッていたのですが、



型にはまった考え方、既存の概念にとらわれず、自らが体験した事、心で動く。

今はまだわからないものとして、行動しながら見えてきたものに従って動く。

チームで行くけど、個人のやりたい事、考え方を尊重して行きましょう。



そんなスタンスであるということがとてもよく感じられて、
「ああ、みんな根底にあるものは一緒なんだ~」って感じられて、

すごくうれしくなってしまいました!


そんなわけなので、「お話することしかできないけど、それをしたい!」といっても

嘲笑されることもなくw


          「いいと思う。癒す力あると思うよ!」


        「コレしかできない、、ではなくて”これができる!”でいこう!」



                    


こんなメンバーと出会えた縁に感謝

本当に出会うべくして出会ったんだと思わずにもいられなく。


そして、一緒に行ける事がすごく楽しみになりました。



さぁ、い~よいよもやもやとしていた心がしっかり定まって動き始められることになったよ!!


「自分が動く方向性」


これが定まったことで、
もう、どんな環境に身をおくことになるのかまったくわからなくても、
現地に赴く不安は一切なくなりました!



今回岩手の被災地支援に向かったメンバー紹介です。


出発前 - 2
厚木のインド料理屋で初顔合わせ&ミーティング


友人のてっちゃんこと長田哲也さん。「カイロプラクティック・守破離」院長(→HP

その後輩さんの三田村真希さん。「海老名カイロプラクティック」院長(→HP

その弟くんの三田村龍伸くん。異色のお坊さん兼アーティストw(→HP

あたし。旅人兼ぷーたろーw


計4人!


大丈夫!

縁が縁をよんで、
一人一人がいい刺激&反応をしあって、必ずいい形に広がって行くはずっ!







今日もご来訪ありがとうございます!
東北支援隊にぽちっと応援お願いします♪→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びま~す!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/356-48380df8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。