◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング参加してます!クリック投票うれしいです♪



しばらく更新できませんでした。

ご心配をおかけしているみなさますいません~。

いろいろあるもののなんとか元気にモロッコのマラケシュで生きています。

ブログはローマで止まったままですが、

その後

ナポリ→カプリ島→南仏ニース→ヴァンス→モナコ→エザヴィレッッジ→カンヌ→マルセイユ→アヴィニヨン→旅で会ったフフレンチカップル宅→スペイン・ジローナで友人宅&愛馬と合流→バルセロナ・友人宅→モロッコ・マラケシュ

と、結構ハードに動いておりました~!

特にスペインでは急遽予定を変更して、、ファビオと同じ時代に仲良くなったスペイン人のセルジ宅にしばらく愛馬と共に滞在していました。(なんかジローナのお祭りウィークだったのですよ~。おかげでいいもんいっぱいみれました☆)

旅で出逢ったフレンチカップル宅からずっと友人宅を3件ほど渡り歩くというありがたい日々だったのですが、
友達宅だと、なんだかんだとしゃべりたおしだったり、連れ回してもらったりで、ブログアップはむずかしかったのでーす!(ネタだけはわんさか増えるんですけどね~^^;)

あとは、そこに追加して、ちょっとここ3、4日は心身ともに弱りすぎて書けなかったのです~。
ローマから

さかのぼってアップするべきか悩んでいたのですが、
この量をさかのぼって書くと思うと吐き気がしてきて、ずっと書けないままになりそうなので
潔く、割愛させていただきます。


また気が向いたらさかのぼって書きますね~
心のままに・・がモットーの自由なブログなのですいません


さて、これからはリアルタイムでいってみます!!



マラケシュ到着の2日前。

ジローナを出るあたりで、激しい喉の痛みと、熱がでて苦しんでいた私。
バルセロナではまた新しい友達と会って、パーティだったので、なんとか薬で抑えていたのですが、
翌日はまた熱っぽくて体がだるい。



そんな中、


バルセロナからマラケシュに向かう空港で、愛馬とまさかの大ケンカ。


そして、信頼も希望も崩されるような愛馬の発言集&まさかの暴言で私の心は、

怒りや悲しみを通り越して、



  ちーーーーーーん。ーDEADー






とりあえず、夜も遅かったので、一緒に宿までは行ったのですが、


翌日



       解散っ!!




愛馬と再会しましたという記事も書いていないのに、
いきなり解散となってしまいました・・。


そして私は、たまたまメモっていたホテルが近所だったのでそこに移動。
(今思えば、すごい偶然!ほかにメモろうと思っていたホテルはずっと遠いスークの迷宮の中でした。)


コモンルームないに等しくて、イマイチいごごち悪いそうなホテルだったけど、wifiあるし、スタッフが親切だったし、もう心身エネルギー使い果たしていたので、とりあえずそこに身を休めることにした。


悪い事って重なるもので
風邪は悪化の一途をたどり、だるさと鼻水とのどの痛みにぐったりの私。


でも、
なんかこのまま宿に埋もれていたら、暗い気持ちにおぼれてしまいそうと思って、
賑やかな広場周辺に出てみることにした。

Marrakech - 15

Marrakech - 16

きれいなものかわいいものもあるんだけど、
7月にトルコ、中東にいっていたからか、特段感動はしなかったわたし。

ずっとヨーロッパにいたからなのか、このモロッコの喧噪にちょっと抵抗をも感じた。
(普段は大好きなのに)

いや、こういう私の心理状況だからだったんだろうな。

こんな事態にならなかったら、2人でこの喧噪をあーだこーだいいながら楽しんでいたのに・・と思うとまた悲しくなる。


Marrakech - 08

Marrakech - 20

タジンとモロカンサラダ。


元気な時なら、こういうマーケットで1人で食べても楽しめるんだろうけど、
この時のあたしは悲しくて仕方がなかった。

一緒に屋台で盛りあがっていたはずなのにな~。


合流してからはずっとスペイン人の友達と一緒だったから、
結局1日もふたりで旅をエンジョイするという日はなく、解散してしまった私達。

ヨーロッパの1人旅から、ずっと一緒に旅をするのを心待ちにしていたのに、、と悔しくて仕方がなかった。



本来は、こんな自分を癒すべく、
ちょっと素敵な雰囲気のホテルの1人部屋でゆっくりしたかったんだけど、今晩はドミ部屋で我慢。


でも、結果
こんなときの私は1人にならないドミでよかったと思います。

こんな日は、快適さよりも、1人になることは厳禁。



同じ部屋のアメリカ人の女の子がすごく笑顔が素敵なやさしい子だった。

「あなたなんで1人で旅しているの~?」と聞かれたから、話の流れで事情を話すと、


「OH!! I WANNA HUG YOU!!!!」

ってまた豊満なボディでハグしてくれた。
あまりにも、優しいオーラに包まれすぎて、ずっと心を強くしていたけど、思わず泣いてしまいました。


この旅2度目のハグ泣き。


その後も、
「これ飲むと体が元気になるわよ~」ってビタミン剤くれたり・・。女神様でした。


すごくあったかくて優しいオーラを放つ彼女の存在そのものが、
そんな彼女が同じ部屋にいてくれるだけで、かなり心が癒されました。

Marrakech - 29
女神様と彼女の友達




ドミに流れ着いてきてよかった~!!(><)


ま、ちょっと落とし穴もあって・・
その後は静かな夜かと思いきや、
夜にチェックインしてきた今まで見たことない類のクレイジーフレンチのおっさんが、
わたしのとなりのベットにきちゃってさ~、
かなり被害を被ることに・・・。
(ベットガッタンガッタン持ち上げたり、突然歌うたったり、人が作業してるのに電気消したり、イビキうるさかったり・・


翌日はこのおっさんと同室は無理!!


しかも、このホテル、改装していて、コモンルーム使えない状況だし、
朝は工事でうるさいし、もうほこりっぽいは、喉が苦しいしはで、ゆっくりホテルで静養したい私には翌日またホテル探しにでる。


そういうと、宿のにーちゃんが「ごめんね~!」でも、他のホテルまでガイドしてあげるよーと、ホテルまでてくてく迷宮の中を案内してくれた。
しかし、やっとたどり着いたと思ったら・・・フルブッキング・・!!


もいっこ自分でホステルワールドから調べた宿の住所を伝えると、
また必死にさがしてくれた。

「全然だいじょうぶだよ~!!」と、穏やかなやさしい笑顔で。

やさしいなぁ。

でも、その宿はwifiもなくて、しかもせまぜましいドミで15ユーロはありえません、、、と残念ながら却下。
(てか、ホステルワールドに乗ってる宿は割高ですよ!!15ユーロもだせば、プライベートダブルで泊まれますよ~!)

その後、もう一件のホテルは自分で探すからいいよー、、と宿のおにいちゃんを解放して、1人で歩き始めた。


すると、今度は店のおじちゃんに招き入れられた。
なんか、日本人の友達がいるから、その子と連絡をとってほしい、とかで。
「はぁ?」と思ったけど、なんとその子の住所をみると、東京の自宅の結構近所だった。

おもしろいかも。


そんなこんなで、ホテルも案内してもらうことになった。

その前に、
おじちゃんに「風邪ひいててー、、、」とか話せば、薬屋に連れていかれた。
Marrakech - 38
なんかハーブ系のナチュラルメディシンショップでなかなか興味深かったです。
ここでお茶にたらして飲むというオイルをゲット。


ガイドブックがないからどこにどういったらいいかわからない、、といえば、
行くべき場所を紙に書いて教えてくれた。

一緒にいるときも、絨毯探している人を見かけると、こっちだこっちだ、、と店にすぐ案内してた。

でも、無理強いもしていないし、案内料もとってない。


Marrakech - 52


自分の店のモノの押し売りもしない、ただのいいおじちゃんでこれまたびっくり!


なんか、モロッコ人は超うざい!!ときいていたので、かなりガードかために動いてきたんだけど、全然拍子抜けです!



それから、
歩いているとまた熱があるのか、
体がだるくなってきたのでカフェらしき場所で、ちょっと休もうと覗いてみたら、、ホテルだった。

すると、モロカンのにーさんがまた親切にむかえいれてくれて、
ぐったりしてる私を見て、テラスのソファーで休ませてくれた。

Marrakech - 27

いろいろと話もしてくれて、たのしいモロカンのにーさんだった。


そして、また道を歩き出したら、

今度は「ハンマーム」を紹介してやる、、というにーちゃんに会った。
うん、そういえばハンマームしかかったわ、、とついていってみることにした。

なかなかいい感じだった。

やってみるのもいかもしれない。
こんな気分の時はこういうリラックスいいかもしれない。

こんなときの自分は、自分ではなにも行動をおこす気力がない。

こういう人についていって、与えられるものにのってみてもいいと思った。


その後、そのにーちゃんは自分のお店にも連れて行ってくれた。

Marrakech - 60
入り口は素敵でしょ

2階からテラスまで案内してくれたけど、入り口の雰囲気を裏切ってこきたない・・てか廃墟だった。(案内に匹敵する中身じゃなかったなんでわざわざ見せてくれたのかは謎。)

ありがちなハイテンションでよくしゃべるモロカンと違って、ちょっと無口なタイプのにーさん。
ちょっと会話に困ったけど、

でも、不器用そうにミントティーを出してくれて、
ホテルを探してるというと、知り合いのホテルがあると案内もしてくれた。(高すぎで却下)

そして、帰り際にもう一度店に寄って、、というから、なにかと思えば、



イヤリングをくれたんです!!

不器用そうなにいちゃんだったから、尚更感動・・!!

そして、さっと、店に戻っていった彼・・。




風邪とブロークンハートとホテル難民


3拍子揃った私は、もうサハラ砂漠の砂にまかれて飛ばされて埋もれてしまいたい・・と思っていたけど、
こんなテーマがあったからこそ、
出逢えた人たち、受け取れた親切。


悪いことばかりじゃないね。

いやむしろ、人生ってそういう風にできてるのかな。


去年からの旅で思うこと。


『旅の間に起こる出来事は自分に必要な出来事、向き合って考えるべき事』



ちょっと心が落ち着いてきた今思うことは、


今回の愛馬との問題も、いつか浮上する問題であったことは確か。

決してうやむやにしたままではいけない問題であったことも確か。

お互いにそれぞれ真剣に向き合わなきゃいけない個の問題というのも浮き彫りにされた事も確か。


このまま目をつむっていたら、何年後かにはもっと大きな問題になっていることは間違いないと思う。
そして、もっと人を巻き込んで傷つけることになっていたと思う。


だからこの状況も、嘆くよりも、ある意味然るべき自然な状況なんだなぁと受け止めることにしました。


もともと観光が全てじゃないこの旅。
旅から受け取るもので人生を、人間というものを考えたい、思考を広げたい、というのも旅の大きなテーマ。
人生=結婚、、というものもしかりだったわけで。


モロッコは駆け足で観光する予定だったけど、
とてもまだ気力が追いつかないこともあるし、この際モロッコはローカルと触れあうことをテーマに、ゆっくり心身療養してみることに切り替えてみます。


降臨したテーマ。

ゆっくりじっくりいろんな気持ちと向き合いながら
異国でしかできない「真の自分」をむき出して、
今後の人生がより素晴らしきものに、然るべくものになるように考えてみたいと思います。


素晴らしき友と素晴らしき文明の発達のおかげで、苦しみの峠は越えたので心配しないでくださいね~。



久々のUPですが、読んでくれてありがとうございます!
がっちり順位落下しちゃいました~愛のポチよろしくです。♪→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びまーす!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/300-0bb0aea1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。