◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング参加してます!クリック投票うれしいです♪


コロッセウムとフォロ・ロマーノが共通券だと知らなかった私。

Rome - 036


フォロロマーノはコロッセウムを訪れた翌日に行ったのだけど、
コロッセウムで買った券は昨日にはいたパンツのポケットにはいっていたことに気づきショックを受ける。

買い直すのは悔しかったので、高台から見た景色で満足することにした。
(ちょっと遺跡も見慣れてきていたりもしたしね~
ゴージャスな歴史的建造物、遺跡、教会が多いローマで

トラステヴェレという地区は私の心の安らぎの場であり、いちばん気持ちが盛りあがった場所でもありました。

Rome - 127

小さなカフェやレストランが、石畳の古い町並に並んでいるんです。
こういうそぼくな場所大好き☆


Rome - 123

車のポンネットに寝ていたネコ。

荘厳ゴージャスな建築物・アートに埋もれすぎてちょっと疲れていた私には最高の癒しだった。


そして、このあとはひたすら街を歩き回った。

ただただ街並みを楽しもうと、有名観光地は無視してただひたすら街並みを楽しむことにした。


小さい通りを歩いてみたり、
うん、やっぱりわたしはこういう旅のほうが好きかも~、、なんて思いながら。


そして、そうしているうちに「ナヴォーナ広場」に辿り着いた。


広場の周りにはカフェ、レストランが建ち並び、広場ある3つの噴水がまたゴージャスな空間を醸し出している。
絵を描く人、小物を売る人、音楽を奏でる人で賑わっていた。

ぶらぶらと一周したらそろそろ今日は宿に帰ろうと思っていると、

「hey」とちょっと声をかけられた。






・・・・・え!!!!




なんと、



その男は、


8月の一時帰国の直前に、クレイジーミコノスで出逢って、1日バイクで島巡りしてくれたおっちゃん、
TONYだった!(今考えてみればおっちゃんってこともないのかもね。40ぐらいなのかな?
→クレイジー・セクシー・ミコノス


OH!!MYGOD!!!!



          It's a small world!!!!


Rome - 158


そして、ミコノスではヘナタトゥー屋さんだったTONYは、
ローマでは絵を売っていました(笑)


彼は、再会を喜んでくれて、
自分は飲まないのにカフェに連れて行ってくれてカプチーノをご馳走してくれた。


雨が降ってきたので、絵にビニールをかけたりするのを手伝っていたら、
彼の友達がやってきて、


「プレゼントだ!!」って、
似顔絵を描いてくれた。(カルパッチョっていっていた。こういうタイプの似顔絵のことをそういうんだねー。


Rome - 165
似てるかな??


ほんで、TONYが

「ちょっと買い物があるから、俺と一緒にくるか?ついでにバイクでローマをまわってやるぞ!」

といってくれたけど、
でも、なんかこの再会に「運命だ!」って興奮しすぎてるかも、、とちょっと警戒してみたのと、(笑)
せっかく雨があがったのに、留守にしたらせっかくのお客を逃しちゃうんじゃないか?と心配して、

「その間に店番していてあげるよー!」と申し出てみた。


そんなわけで、


とつぜん、ローマのナヴォーナ広場で絵の売り子と化す私。

Rome - 170


売り子をしながらも、お客がいない間は、
となり絵を描いて売っていたおじちゃんが話しかけてきて、
「お前ワインすきか?俺の地元でとれたワインなんだ。」
ってプラスチックカップに注いだワインを差し出してくれた。

「飲んだらそのカップは返せよー。」って、なんかかわいかった。
(とは、言え、なんかちょっとびびっちゃって一口しか飲まなかったけど・・ちょっとジャンキーっぽかったからさ~。)


TONYの留守中40分ぐらいかな。


見事に2枚の彼の絵を売ってあげました☆

他国のツーリストよりも意外にイタリアンツーリストが多くてびっくり。
故、英語が通じなくてドキマギだったけど。

絞り出しのイタリア語なんとか売ることができました!


TONYもびっくり喜んでくれたし、ミコノス島での旅のお礼ができてよかったな~。


そんでもって、ミコノス島で会ったときにバリ島を知らない彼にバリ島について説明してあげてたんだけど、
(「昔バリでヘナタトゥーをしたら1年間ぐらいとれなかったんだ~」という話から、「バリってなんだ?」って話になっていろいろ説明してあげていたんです。)
今彼はこれからバリ島に旅に出ることになったとのこと!!

旅中のたった1日の出逢いのたった一言の言葉が1人の人の人生を変える。(といったらおおげさですけど

なんかおもしろいなぁ~。


ギリシャのミコノス島であった私たちが、海を越えて、ここローマでまた偶然出逢う。


「全ての道はローマに通ずる。」




縁ある人はどこをどう歩いても出会うようになっている。・・・

と、いう意味と感じました。



「旅は人生の縮図である」と考えてるこの旅で、そんなことを体感させられた出逢いでした☆







今日も読んでいただきありがとうございます!
縁あるあのひととの出逢いをふと思い出したあなた。ぽちっとワンクリックお願いします♪→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びまーす!今10位前後だよ~!

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/298-314b768c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。