◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング参加してます!クリック投票うれしいです♪


フィレンツェ。

想像では、のんびーり田舎なところなのかな~?と思っていたのですが・・・

ここもベネチアの川がないバージョンのような、石の建物がびっしりの古い街並みだったんですね~!

駅から宿を探しに歩いてるときに突如会われたドゥーモ。

ミラノのドゥーモにもはっとされられましたが、フレンツェのドゥーモはまた全然スタイルが違っていたので
また完全に新しい感動でした!


Firenze - 151

ブレステイキングとはまさにこのこと!

本当に息を飲んでしまいました。


本当にイタリア建築ってすごい・・・・!




Firenze - 150


夕方河のほとりに辿り着いたときはあまりにもパーフェクトな時間過ぎて・・


Firenze - 020


二度目のブレステイキングでした!



いろんな教会もまわりましたが、
このサンタ・クローチェ教会がわたしのお気に入り。

ここにはミケランジェロやらガリレオ、ダンテのお墓があるっていうんで、しっかりお墓参りもしてきました!
こんなに後生にわたっても世界に影響を与えた人のお墓の前にいるってすごいなぁ、、としみじみ。


Firenze - 085  ミケランジェロのお墓

Firenze - 087  ガリレオのお墓

Firenze - 086  ダンテのお墓


なんでも、ここの壁画が日伊共同修復作業がされているとか。
こんなところで日本が活躍しているってうれしいですね。

そんでもって、お気に入りの教会だからなおさらうれしかったです
金沢大学のプレジェクトチームのみなさんさんすばらしぃ~!


そんで、この教会の先にあった、オペラという建物の中の絵画がかなりたまりませんでした。
(そのまま教会出て帰ろうとしたら、先に歩く人がいたのでついていってみたら発見!!)



Firenze - 102


この壁画は個人的すごく好きなタッチだったので、「好きだから」ということで、
しばらく見入っておりましたが、


Firenze - 105


この絵画には、好きなタイプとかタイプじゃないとかそんな私の意識は関係なく
この絵が放つオーラに否応なしに惹き付けられてしまってました。。



ここの空間。

すごくすごく好きでした。


このほか、ここにある絵画はほぼ全てとても惹き付けられるものでした。

フィレンツェで一番のお気に入りの教会です。



あとはメディチ家の礼拝堂がお気に入りでした。
入場料が10ユーロもするからなのか、(規模の割には高いと思われますぅ~)

中はあんまり人がいなかったので空間を大満喫できました!
(人が多すぎると価値が激減すると感じているので・・)

ふんぱつして良かったぁ!

写真はとれなかったのですが、
この中の空間はまた特別でした。


なんていうんでしょうね。
ちょっと「聖なる」という白い空間というよりも、「黒魔術」的なちょっとミステリアスな黒さを感じる空間でした。

ダークな大理石と荘厳すぎる彫刻のせいかのか、、。
床面積と天高の計算設計が完全にされているせいなのか、、。
このダークな大理石壁にゴージャス過ぎる天井画が映えすぎているのか・・。


なかなか興味深い空間で、かなり長時間そこに佇んでしまいました。
(天井見過ぎて、首が痛くなりました・・。)


あとは、印象的だったのは、教会に隣接している図書館。

Firenze - 127

これは、薬草の本なのかな~?
なかなか興味深い&なんかかわいくてみいっちゃいました☆
こういう「本」を見るのははじめてだったかも。

宗教画ばっかりだったので、新鮮でした

Firenze - 142

ステンドグラスも美しい~



フィレンツェで会った、「The 想像していたイタリアン」

Firenze - 157

口説きもしぐさもコテコテすぎておもしろすぎでした




あの有名なビーナスの誕生の絵画などがあるというウフィツィ美術館に行こうと思ったのですが、
長蛇の列にしばらくトライしてみたけど途中で断念。(--;)

てか、もうアート疲れも始まっていた頃。
そこまでガツガツする意味もなければきっと私にはその価値を感じられないだろう、、と思うと、
潔く列を外れて、
宿の人にすすめられたビューポイントに行ってみることにした!


Firenze - 172


おお~!!


この景色「冷静と情熱の間」で見たことあるような気がするっ!!


Firenze - 182


なんだか、建物の中とか、
フィレンツェのしき詰まった建物の間の中ばかりさまよっていたからか、
この開放的な空間にかなりご満悦の私


Firenze - 188


帰りの空もすごく綺麗だったよ~☆





【フィレンツェでのエピソード】


フィレンツェについてホテルに向かおうと思ったら、、、


「ホテルの場所マーキングしてある地図を電車の中に忘れた・・


まあ、ネットで調べればいいや!と駅についてマックにはいってみると・・


サインはあるのに全然つながらない~っ!!



店員さんに聞いてみると、「ここはイタリアンモバイルのみの対応なんだよ」と!!


えっ!えぇ~!!なんじゃそれ~??


どうりで今まで全然つながらなかったわけだ~!(イタリアに入ってから無線ランにほとんどありつけなくてちょっとストレスだったのです。)


じゃ、ネットカフェさがそ。


・・・・



しかし、これまた全然ない~!!

人に聞いても「知らん」と。


しょーがないから、だいたいの記憶をたどって近くまで行ってみた。
(地球の歩き方の地図にもマーキングしていたんだよね)


しかし・・

見あたらない・・


ヨーロッパのホステルの多くは看板でていなんですよね~。
普通のアパートの一室を改造しているという感じだから、ちっさい表札から探さなきゃいけないことがしばしば。

だからだいたいじゃ厳しい場合が多いんです。

番地までしっかりメモらないと・・!


そこで、地図もって悩んでいたら話しかけてきたにーちゃんがいたので「このホステル知らない?」と
聞いてみた。
彼はその広場でTシャツ売っていた。

そのホステルは知らないから、違うホステル教えてあげるよ~、、と何件か教えてくれた。

「でもね、ドント ウォリー!
うちに泊まればいいさ~!!安全だよ!僕はただ日本人の友達が沢山いるから助けたいだけだから安心して!」

とも言ってくれたけど、丁重にお断りしときました・・。

隣にぴったり座って、人の顔見る時間が長すぎる人にウォーリーしないわけがないだろー!!
(まあ、普通に行くわけないんだけど、)

バックパックを預かってくれるってんで、それだけお言葉に甘えてホテル探しに出かけてみた。
(探していたホステルは予約していなかったので)


でも、、

でもでも、


教えられた場所にホテルはことごとくないっ!!

何回その周辺をぐるぐるしたでしょう・・。


近所の人に聞いたりしながら、やっと探し出すも


「うちに、ドミトリーはない」


・・・・


なんのために今まで・・・。


しかし、その直後にwifiカフェを発見!!



今度こそネット使えるのか~!?と思うと、

パスワードもらうのに、

パスポート提示と、書類にサインまでさせられるという仰々しさっぷり!


逆に怖くなってきたんですが、

なんやら、これはイタリアの法律で定められている事とのこと。

へー、なんかオープンそうに見えて、イタリアってへんなところで固いのね。


それで、やっともともと探していたホステルの住所を探し出せて訪問。
なんだよ、思いっきりさっき通り過ぎていたところで、にーちゃんの店のすぐナナメ前じゃーん!



そんで、チェックインしようとすると・・。




             「もう部屋ないよ」







・・・・・・ちゅどーーーーーん・・・





そのあと、

がっくり肩を落として帰ろうとすると、、


オーナがちょうど帰ってきて、「もう夕方だし、、、」という感じで


ファミリールームをドミトリールームにしてくれた


た、、、たすかったぁ~!!!


まあ、一泊料金ちょっと高くついたけど、とりあえずホッ!!



しかし、



「明日は満室だから今日だけね」



と。






えーーーーーーーーーーーーーーー!



また明日、ホテル探しなんでつかぁ・・・・?


またネット開いて見るも、週末なのかほとんど部屋は空いていない。


翌日、ドミトリーは満室だけど、
ファミリールームは空きがあるとなっていたホテルに賭けてアタックしてみることにした。


またバックパックしょってフィレンツェのロマンチックな街並みを練り歩く私。



しかし、、、

またしても見あたらない。


と、


その途中に看板しっかり出してるホステルがあるではありませんかっ!



しかもこれネットで見たことあるところだ!!!

でも、情報でてこなかったから、部屋ないんだろうなぁ。。

いや、いやっ聞くだけ聞いてみよう!!



どきどきしながら中に入って聞いてみる!



すると、



英語を話せないおじちゃんが出てきた。

様子を伺うに、部屋があるっぽい!


で、

「ほな一泊18ユーロで!」と!



おお、昨日より安いし(25ユーロ)、これから行こうと思っていたところ(28ユーロ)よりも安い!


水回りは綺麗だし、部屋も綺麗。

ベットもバンクベットじゃない。

いーじゃん、いーじゃんっ!!


やっと、落ち着く場所が手に入ったとほーーーっとするあたし。



祝・脱難民!!



し・か・し・・・・



フィレンツェの宿はまだまだ私に試練を与えることを止めなかった。




結局2泊したんだけど、、、


この間私を襲ったのは・・・・



ベットバグ
(南京虫?ダニ?)


この旅、2度目の激しい襲撃・・・。



なぜ、、、っ????


なぜこの先進国イタリアで、、
なぜ、このロマンチックフィレンツェで・・・。



1泊目は「あれ、ちょっとかゆいかな?」という程度だった。

翌日にはポリポリ、、という程度。


でも、2日目の夜は

夜中に「バチ」っと目が覚めて、


耐え難いかゆみで眠れないんですぅっ!!


んで、耳をすませば、みんなそんな感じとみて、
みんな激しい寝返りと、肌をガサガサと掻く音、「う~ん」といううめき声・・・。


あまりにも、切なすぎて切なすぎて、
どこに気持ちをもっていったらいいかわからんくて、愛馬に「かゆくてかゆくて眠れん・・!」と寝床からぐちメールをうってたほど。


お見苦しいですが、翌日の私・・

IMGP2996.jpg

でも、日増しにひどくなってこのピンクの斑点は赤に変わって、胸の上あたりまで斑点も増殖!
2週間以上経つ今もこの後はしっかり残っています・・・首なんて見えるところなのにぃ~。



足、お腹もひどい事に。


完全にあたしの体は傷ものになってしまいました。

体中、なんか変な病気の人みたいな斑点だらけです。(涙)




そんなわけで、素敵なフィレンツェだったんだけど、
まったくもって優雅にすごせなかったのが、残念でなりませんでした。。


もうレビュー度高いホステルにしか泊まりません、、と強く誓った私でした。



あああ、、フィレンツェ~!!


みなさん、

Don't let bed bugs bite!(ベットバクに噛まれないようにね!)
(おやすみの挨拶の代わりに使うようです。)








今日も読んでいただいてありがとうございます~。
軟膏がわりにひとつぽちっとお願いします♪→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びまーす!今13位前後だよ~!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/295-98685fdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。