◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2010/09/14◉ ショパンになりたい

そして、ふとした会話から

「実は僕、明日改宗するんだ」・・・とテツ!!


・・えっ?!



「実は今回の旅の目的は洗礼を受けることなんだ」とまっすぐな瞳で言い放っていた。


しかも、ショパンが洗礼を受けた教会で洗礼を受けるらしい。。
それだけ、ショパンに近づきたいらしい。


「ショパンが好きだからショパンと同じクリスチャンになる・・」

なーんて聞いたら、

「ばかげている!」と笑う人もいるかもしれない。


でも、私はそれを聞いたときに・・びっくり心打たれてしまいました。



すごい。


すごすぎる。


私はこんな人に初めて会いました。



ショパンは彼にとって完全になんですね。




博物館を訪れたあとは、ユダヤ人墓地を訪れることにしていたのだけど、


そこと思われるところで、トラムを降りたら、
どうやらユダヤ人墓地は通り過ぎてしまったみたい。

入り口付近で違う墓地についてしまったことに気づいたあたしたち。



そして、つぎに気づいたのが、


「あ!!ここはショパンの両親のお墓がある墓地だ!!」

と、テツ。



彼は、数年前に友達に連れてきてもらったので、全く地理が把握できていなかったので途中まで全く気づいていなかった。


なのになのに、偶然にも導かれるように着いちゃったのだから、この偶然の導きにまたびっくり感動!!



明日洗礼を受けるという前日に偶然こんなところに着いちゃうなんて。。こりゃなんかあるよ!


「こりゃ、ちゃんと墓参りしようよ~!」


ユダヤ人墓地に行きたがっていた私に彼はちょっと遠慮ぎみだったけど、

私がきっぱりそう言うと、



「・・ありがとう!」と心を込めたような声で言っていた。


そんな、当然の流れでしょ~。
しかも、わたしも楽しんでるし・・


なのに、

こういうところで「ありがとう」と言える彼に
日常で出会わないタイプの純粋さに触れてちょっと感動した。



IMGP0236.jpg
シンプルだけど美しいショパンの両親のお墓。


わたしも有り難い気持ちになった。




このあとは、彼のポーランド人の友達に一緒に会うことになった。

しかし、


待ち合わせ場所も不確かで、
しかも、待ちあわせの時間から30分も遅れてしまい、案の定友達の姿は見えない。

ひろーーい、複雑な場所。

無理だろ。


もう会うのはあきらめた。。。と、その場を去ろうとしたとき、


「じゃちょっとせっかく来たし、この建物を観光したいのでいいかな?」と、方向転換してちょっと歩いていくと・・


わお!!


なんとその友達に会えてしまったのだ!


今日はお導きが多い日だ。


純粋な彼は神様に守られているのかもしれない・・


そんな彼のおかげで、わたしも素敵なポーランド人ともひとときを楽しめました!
おまけに、ポーランドのオススメ場所とか今後の旅のルートプランも作ってもらっちゃいました!


IMGP0261.jpg
ポーランド新聞のポリティカルジャーナリストとアーティスト。
さすがクリエイティブ系の彼ら。話やジョークがおもしろかった~!


テツのショパン好きはみんなご存じ!


そんな彼らが彼のために連れて行ってくれたのは・・


IMGP0272.jpg


ピアノのけんばんの横断歩道!



IMGP0281.jpg


ショパンが流れるベンチ!


Warsaw - 149


ショパンの壁!


そして、そのあとはもう一人のポーランド人の友達を訪れるべく、
ポーランド人のお宅訪問に便乗させていただいちゃいました!


Warsaw - 156


日本に住んでいたという二人。
二人とも、とってもおだやかでやさしいオーラ溢れる夫婦。


Warsaw - 153


奥さんと旦那さんコラボの手料理!
ポーランドの家庭料理が食べれて幸せ!

ありがたや~!!

サーモン、ポテト、ズッキーニ。

おいしかった~。



Warsaw - 151


そして生まれたてほやほやのポーランドベイビーとも謁見できてさらに幸せでした!



ここでも驚かされたテツの言葉。


私も手ぶらじゃいけないと、ワインを買ってお邪魔させてもらったのですが、

友達と私のグラスにワインをついでくれたのだけど、自分のグラスは空のまま。


あ、私がつがなきゃだわね、、と「あ、ごめんね」と注ごうとすると、


「違うんだ。」と


「僕もいただいていい?せっかく僕の友達に買ってくれたのに僕もいだたいてごめんね。」と!


えー!!そんなのあたりまえだよぉ!じゃんじゃんのんでよ~!っていうと、


じゃ、、とありがたく飲んでくれたのですが、


そんな彼の姿勢にもかなり驚きました!!


こんなリアクションされたのは産まれて初めてです!


なんと表現したらいいかわからないけど、、、


彼の果てしなく純粋で綺麗な彼の心を垣間見て、私の心も洗われたというか・・。



この夜もテツのショパン好きについてみんなで話していたのだけど、

その時にふと、、

「ポーランド人に帰化したいぐらいなんだ。」とテツ。





・・・すごい。

すごすぎる!!


「性同一性障害」、、と同じような感じで、彼はきっとその国籍バーションだろうと思った。


前世は間違いなくポーランド人で、その感覚が今強く残ってるとか、
体は日本人なんだけど、心はポーランド人で生まれてしまったとか、、そんな感じなんだろうと思った!


とにもかくにも、
本当に、それが彼にとって自然なあるべき姿なんだろうと思って
自分の心が欲すること迷い無く突き進む彼を応援したくなった。



満面の光を放つような笑顔で最後のお別れをしてくれた彼。



きっと一番強いのは、知恵や知識を溜め込んでいるような人よりも「シンプルで純粋な心」を持っている人なんだろうな。



すごくそう思わされたテツとの出逢いでした。



飛行機で隣の席に座っただけなのに、まさかこんな展開になるとは・・

「ポーランドがキーカントリー」・・という出だしの私のテーマともきっと関わりがあるんだろうなぁ。。



てなわけで、
今回の旅も「コノ旅は小説ヨリモ奇ナリ∞」・・・でスタートしておるようです。




PS.
しかも、テツと一緒にいるときに、日本から本物のタイチから電話がきてさらにびっくり!
ふだん、電話なんかこないのに・・。
うう、奇ナリ・奇ナリ・・・

(翌日一連のブログをみたタイチからのコメント→「ヤマダさんはよっくいろんなもの見つけるね~」・笑いました)





今日も読んでいただきサンクスです!
1日1回ぽちっと投票うれしいな♪→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ランキング画面に飛びまーす!今10位前後だよ~!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/261-488a1ad2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。