◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在秋田。

秋田に住む愛馬のもとにやってきた。

彼の誕生日は4月。
彼に秋田で孤独な誕生日を過ごさせてしまったので、
申し訳ない思いもあり、帰国してすぐ夜行バスで秋田に飛んできたのだ。

やっとインドの過酷な旅から解放されて、
天国のような国日本に帰ってきたと思ったら
またしても8時間のバスの旅。
「ありえなーい!」とユウコ。

でもね、

インドでは廃車寸前のバスに7、8時間でこぼこ道にゆられ、
インド人に囲まれながら汚い寝台電車に乗ってきたあたしたち。
清潔でリクライニングするバスで、平坦な日本の道を走ってくれる夜行バスは快適以外の何者でもなかったよ♪
うちの愛馬は現在秋田に出稼ぎ中。
薬剤師の彼は、住宅付きで高収入の短期労働が可能なのだ。
全くありがたい境遇である

そんなわけで、今年早々から早4ヶ月
友達とも家族とも離れ、
秋田でも一番の豪雪地である横手市で、
極寒を耐え抜き、一人せっせと働いているのだ。

バスに乗り込み、秋田に向かうバスの中、

さすがにほぼ二ヶ月ぶりの再会は
旅の疲れも吹き飛ぶほどに、ワクワク幸せな気持ちでいっぱいだった
前の日記のお仕置きの刑もすっかり帳消しの気分になっていた。

恨み言一つ言わず、理解して待っていてくれる人がいるというのはすごくありがたいなぁと思った。
彼自身も旅人だからということもあるのだろう。


ちゃんと凧糸をにぎってくれる人がいるから安心して飛び回れる。
凧糸を握ってくれる人のいない凧は完全に自由だけど、不安で飛べないのかもしれない。


そんなことを思うと、
ある意味、彼との「フタリ旅」はもう始まってるんだなぁ、と思った。


そんな、せんちめんたる(?!)な気分でバスをすごし、
横手のバス停に着くと、彼の住みかに急いで向かった。



愛馬ちゃん~


ん???!!

がたいがいいのが取り柄のうちの馬は、
すっかりやせこけていた。
ど、、、、どうしたのっ!?
(まさか、私が放置しすぎて、飯が食えないほど寂しすぎたのかっ?!)


えーーー、、、


秋田の厳しい環境が彼の仙人気質に火をつけたのか
一日一食生活にめざめたらしく、8キロもやせたらしい。。

別にダイエットではなく、どんなもんかの実験だとうちの馬。
ついでに食費節約もできてよかったぞと自慢げのうちの馬。

おまけに自転車を買ったと思ったら、
サイクリングにでかけて
うっかり一日で往復10時間かけて田沢湖まで行ってしまったとうちの馬。
こんなによく走る馬だったとは。。。


学生時代は、ラグビーに身も心も捧げ心身とも鍛え抜かれてきたらしい。
常に限界に挑戦しないと気が済まないのだろうか、、。
つきあって一年以上になるが、



いまだに理解しがたい男である。。。。。




彼は仕事にいき、
部屋にひとり、私はふぅと一息、シャワーを浴びる事にした。









んぎゃぁぁぁぁあ!!!!



ご主人様んちのトイレをインド臭にしたかと思えば、


今度は自分ちのおふろをインド以下にしていた!!!


全く掃除してなかったせいで、インドでもみたことないようなおどろおどろしい状態になったいた 
きれいになるはずの風呂が、はいった暁には我が身が腐敗していきそうな風呂なのだ。
まあ、彼だけならともかく、、、



これが過酷なインドから帰ってきた愛しいご主人様を迎えいれる風呂かぁぁぁ!



と、そこにいない彼にひとり突っ込む。

そして、お風呂の隅には買ってまっさらのお風呂の洗剤とお風呂洗い用のスポンジ。。。
風呂が汚すぎて、やつらが浮いて見えた。
まるで、「気づいたお前が掃除しろ」といわんばかりの佇まい。

。。。。。


屈辱的でした。。。。


清潔な日本を待ちわびて帰ってきた私の期待をことごとく奪った男。
インド以下のお風呂で私を迎え入れ
早速屈辱的な労働を与えてくれた彼が愛しくてしかたがありませんでした。。。


悔しさのあまり力がはいっておふろはすっかりピカピカ
私の心はすっかりメラメラ


愛馬よ、お仕事ご苦労様。
、、、、、、。



帰ってきたら、やっぱり即お仕置きじゃ~
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/25-da82cf73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。