◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時間に荷物を出して出ようしていたので、
ひょっとしていまから同じ船に乗るのかと、そんならタクシーシェアしたいなと思って話しかけてみた。

すると、

「違うのよ。
今から別の宿にいくの。
今晩フェリーでサントリーに島に行きたかったんだけど、明日のVIPの席しかないと言われてね~。
今晩出れば、ホテル代も浮くし、朝島に着くから丸々一日島ですごせたのに・・」とがっかりしていた。


どうやらよく聞くと、早い話彼女たちはアテネの街中の旅行会社に騙されたみたいなのだ。


私も港まで往復2時間もかけてチケットをとりにいくよりも
街中の旅行会社で手数料払ってもとろうと思っていたんだけど、
旅行会社はどこだと宿のにーちゃんに聞くと

「why don't you go the port. just cost only 1 euro.agent in town is kind of tricky
(港にいったらどうだ。1ユーロしかかかんないし。街の旅行会社はちょっとトリッキーだし)」
と、
ぼそっと言われたことにうながされて、めんどくさかったけど港までいってチケットを手配したのだった。


しかし、おかげでその日の夜の便を31ユーロで無事にゲット。


おまけになかなか敏腕なおばちゃんで私の旅の要望を伝えると、
2つの島の滞在時間が有効にとれるようにスケジュールをアレンジしてくれて、
帰りも空港に近い港に帰ってくるのがいいとサジェストしてくれてかなりパーフェクトにアレンジしてくれたのだった。


なのになのに彼女達が払ったのは70ユーロ!
そこにプラス今夜の宿代で30ユーロ!
そのうえ島の滞在時間が奪われたのだ~。


アテネ、まさかそんなとろこにまでもアジアンさがあったとはっ!!


気の毒だったけど、私はラッキーだったなぁと胸をなで下ろす。
迷ったけど、アテネの観光時間を犠牲にして港まで行くという選択をしてよかった~!
(メトロの路線も閉鎖されいたのでバス乗り継いでいくのは大変だったけど・・

(島に行かれるみなさま。4日前までならネットでチケットが買えますが、4日を切るとネット購入できないので、街中のエージェントが怪しかったら港まで足を運ぶのよいかと思われます!!)


そして、

引き続き、
出発前の夜、同じ部屋でうなだれた韓国人の女の子の話を思い出した。


彼女は、
その日の朝、起きたらフェリー出発ギリギリの時間で、タクシーに乗って港まで駆け込むこととなり(想定外の出費)
島についてホテルにやっと着いたかと思えば、オーバーブッキングだったことが発覚!
んでもって、そのままスーツケースを担ぎながら数時間宿探し。
それでやっとこの宿にたどりついたと思いきや、明日はベットが空いてないと言われ途方に暮れる。
(あんまり安宿が無い上にハイシーズン!)
そして、そんな話を私にしていたら、サングラスをアテネに忘れてきたのを思い出してまたがっかりしていたのだ・・。


旅・・

時間もお金も予定もなかなか思い通りにならないもの。

みんないろいろ起こるもんだ。




私は「沢山悪いことあったから、明日からいいことあるよ!」そういって励まし、

その宿を去るときに、

「Your good Luck will come back to you!Enjoy your trip!」と彼女のベットに置き手紙を残して宿を後にした。




なかなか船がこない。
港で待つこと30分。
ミコノス行きの船が来て、船に乗り込む時間が来た。

「よっしゃ、よっしゃ」

意気揚々と乗船券を出す。



すると、、



「お前、あそこのオフィスでチケットを替えてもらってこい」





・・・・・・・は??!!!!



「日付が違う」




???!!!っっ




「今日は4日だ!」


チケットをみると、、、なんと日付が3日になっているではありませんかぁ~っ!!!


OOOOHHHHHHH NOOOOOOOOOO!!!!!



お・・・・おばちゃ~~んっっ!!!!





急いでオフィスに向かい、事情を話してチケットを変更してもらおうと話す。

しかし、

「you can do nothing wiht this ticket!(このチケットではなんにもできないよ)」


えっ、、、ええ~!!!!!


「you can only buy new ticket.(新しいチケットを買うしかない)」



そ・・・そんなぁ~!!!!!!



もう、船は出発寸前。これ以上もめてる時間はない。



はい、払いましたよ。買い直しましたよ・・43ユーロっ!!!!(涙!!)



アテネ→サントリーニ→ミコノス→ラフィーナ
31ユーロ→43ユーロ→25ユーロ
と3区間買ったのですが・・・


よりによって一番高い区間をぉ~~!!
しかも、帰りを違う港でアレンジされたので、おばちゃんと直談判もできない。


信用しきってしまっていたけど、ちゃんと自分でもしっかり確認しないとダメですね~。


ミコノス島までの道中は、さっきまでのプチ優越感はどこへやら・・。
みんなのトラブル話に自分は蚊帳の外感だったのですが・・



あたしも仲間やんけ~!!



がっくりトリップ。


ミコノス島について、客引きしてくれたおじちゃんの宿に決める。
とってもいいおじちゃんだった。

おじちゃんに、この道中のトラブルを話すと


「you had bad luck today.but tomorrow you will get good luck !(今日は運が悪かったから、明日はいいことあるさ!)」



・・まさか、早くも昨日えらそうに言い放った言葉が返ってくるとは・・。




人間間違いは起こすもの。
プロでも信用しきらず、一緒に確認しなきゃだめですね~。
そんな授業料と思います。


旅にトラブルは付きもの。
ここで落ちて、負のスパイラルに入ってしまったら最悪です。
痛い出費だったけど、船には乗れて予定通りの旅ができたわけだから、(このハイシーズン。席が取れない可能性だって大だったはず)
かわいいものと思います。



そんなわけで、気をとりなおしてミコノス島楽しみまっ~す!!

(しかし、この島、やたらといろんなものが高い!!あとで聞いたらギリシャで一番物価が高い街らしい!!)



今日も読んでくれてありがとデス!
ランキングがんばってまーす!ぽちっと応援よろしくです!→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

携帯の方はこちら→ 旅行ブログ 世界一周

ランキング画面に飛びまーす!今15位ぐらいだよ~!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/240-8088da61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。