◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地下都市」ってかなりSFチックな響きですよね。

でも、こうやって訪れて、本当に存在していたことを確認すると、
本当にSFの世界並みに未知の世界をみたような気がしました。

まあ、「地下都市」といっても、地下に地上と同じような都市があったわけではないのですが、
イメージしやすいたとえで言えば、


蟻の巣でした。


私たちが訪れたのは、デリンユクとよばれる地下都市。

なんと、ここには当時4万人が暮らしていたという!!


もうひとつ10キロほど先に「カイマクル」という地下都市も公開されてるのだけど、なんとこちらは2万人もの人が暮らしていたという。

小さいのを含めてトルコにはなんとなんと450以上の地下都市が存在していたというからまた驚愕の事実なのだ~!



IMGP6318.jpg

地上に延びる通気穴。


IMGP6317.jpg

地下に延びる通気穴。


IMGP6316.jpg


通路を歩く愛馬の後姿。

蟻の巣のように、細い通路の左右に部屋が広かがる。


その部屋とはキッチン、住居、教会、学校、刑務所、お墓などなど、ワインの製造部屋まで!!
まさに今の私たちが関わる施設がほとんど揃っているのだ。


IMGP6330.jpg


そして、なんと深さは地下8階まであるのです!

IMGP6333.jpg


これは学校です。


nどうやってこんな壮大な地下都市を創り上げることができたんだろう?

この地下都市は何のために造られて、いつの時代につくられたのか、、というのにはいろんな説があったり、
以前謎が多いらしいのだけど、

一般的には迫害されたキリスト教徒が、(イスラエルから)敵からの攻撃から身を守るために造られたと言われてる。

いつの時代に、、というのは、どうやら紀元前4世紀にはすでに存在していたという記録があることからそれ以前から存在していたとも考えられてるようです・・。


すごくないです? 


おまけに、このデリンユク地下都市から9キロ離れたところにあるカイマクル地下都市と、地下通路でつながっていたというからまた驚愕の事実なのです!!


シリア、レバノンでパルミラ遺跡やバールベック遺跡を見てきて、
今から2千年以上も前の、ブルドーザーも、クレーン車もコンピューターもない時代に、
どうやってこんな高ーい円柱やらを完璧な形に造りあげる技術があったのかと不思議で不思議でたまらなかったのだけど、この巨大地下都市には完全に脱帽でした。



もう私の中では、

「かつて、大昔には、マジック並みのすごいパワーをもってる宇宙人のような生物がいた。

もしくは、

「その時代の人間はセロとかMR.マリックみたいに(?!っ)超能力並のすごいパワーをもってた。


・・ということになりつつありますっ!!


そうでもないとどうしても信じられませんっ~!!



そして、
今もこの地球上のどこかに、、、
こんな地下都市があって、いまだ人が住んでいるのかもしれないと思っちゃいました。


そんな未知の世界が存在しているのかもしれないと思うと、、、
地球上の国が一気に増えたように、、世界がどっと広がったように感じました。



・そして、このあと訪れた場所もまたアンビリーバブルな世界でした。


IMGP6338.jpg


グランドキャニオンを彷彿させる渓谷。
シャッキーンと切り立つ岩肌。

地上から見上げる見上げる高さにあります。


IMGP6361.jpg


そして、そんな中にも洞窟がっ!

しかし、これはこの岩を掘って造られた教会らしい!
この渓谷には、岩の中に創られた教会がたっくさんあって、壁画のペインティングまでされていてびっくりなんだけど、、

なんでなんでどうやってこんな場所にまで作れちゃうんでしょう?


どんだけ、穴掘りに長けた人たちだったのでしょう。




そして、次に訪れた私の一番好きな場所でも。


IMGP6409.jpg


まるで、お城のような岩の山。

まるで宮崎駿ワールドのような、

自然が創りだした奇岩というアートに感動していると・・・


IMGP6456.jpg


むむっ??!!


またしてもこの岩の中には、住居や教会が創られているのですっ!!


IMGP6451.jpg


しかも、この城のような岩の中には沢山部屋があり、ここの教会の天井は凄く高かった。


どうやって掘ったの?
どんだけ時間がかかったの?

なんでこんなに大量に教会を創ったの?
(カッパドキアの奇岩の多く多くの中はくりぬかれた教会なのです!!)


IMGP6441.jpg


私の3歳児のようななんでなんでどうやっっての疑問に答えてくれるサイトなどがあるかもしれないので、
またあらためていろいろぐぐって、このカッパドキアの謎を調べてみたいと思います。



とにもかくにも、
ここカッパドキアは自然のミステリアスパワーのみならず、
人間のミステリアスパワーをも感じられるアンビリーバボーな場所です。


間違いなくいままで訪れた場所のトップ10入りしました。





今日も読んでくれてありがとデス!
ランキングがんばってまーす!ぽちっと応援よろしくです!→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

携帯の方はこちら→ 旅行ブログ 世界一周

ランキング画面に飛びまーす!今15位ぐらいだよ~!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/233-167ff357
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。