◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マネージャーとはちがうおねーちゃんが、レセプションデスクに座っていました。



「予約しているミキです。部屋はどこ~?」



おねーちゃんの顔は怪訝そうな表情に変わり、こわばっていた。
どこかに電話をかけ始める・・。


・・・嫌な予感。


ロシア時間夜10時。


私たちが、共用ルームのソファーに疲れてぐったりしているところに、無情な言葉が私たちに襲いかかった。



「・・・あなたたちの部屋はないわ」



え~!!!!!



「私、彼と今朝受付変わったんだけど、あなたたちのこと聞いてなくて。」



OH MY GOD!!!!




もちろん、このあと抗議しましたが、
もちろん、何をいってもダメでした。



ぐったり疲れているところにこの仕打ちは、「疲れ×10」に瞬く間にふくれあがったことは容易に想像できると思います。(--;)


そこにちょうど、廃墟の宿のおねーちゃんがこの宿にやってきた。


「なんで、なんでこんなことになるの??」


悔しさを晴らすように彼女に訴えてみた。


「モスクワは人が多いからよ」



・・・・・そ、、それって回答なんでしょうか・・?!(--;)



「うちなら部屋が沢山あるわよ」


・・・そりゃそうでしょうよ。(--+)



「明日はあなたち絶対に部屋がとれるから、今日だけ我慢してまたウチに泊まりなさいよ。
あの男はちょっといかげんだけど、彼女なら大丈夫」


「絶対に絶対に、明日は部屋がとれる??」



「え~。絶対に絶対に大丈夫!!あたしが保障するわ!」


と、宿のおねーちゃんにもさらに念押しをして、
また廃墟の宿に戻った私たち。




体が「くの字」になるほどにへたったベットに横になる。
ダニなんだか、蚊なんだかに刺されまくってかゆい。

電気がない中、ねぼけまなこで夜トイレにいこうとすると、太ったロシア人男がぬぼ~っと現れる。

トイレは水くんで流す。
トイレの後は手を洗えない(汲み置かれた水ははたしてきれいなのか?)


ろくにインターネットにもアクセスできない。
ブログも更新できない。

カメラの電池も充電できない。

荷物もゆっくり整理できない。




精神的に衰弱し、イライラ不快感を募らせながら2日目を迎えたけど、
まあ、まぁ、
旅一日目で骨折したフランス人のおねーちゃんに比べたらまだマシ!!


・・と言い聞かせながら気を取り直して翌日は心HAPPYに観光!!


3日目は、体もかなり疲れていたので、
早めに観光を切り上げて宿に戻ることにした私たち。


昨日よりもより一層、部屋でごろんと横になって休むのを楽しみに宿に戻る。


もうエネルギー絞りきった状態の私たち。
なんども安らぎがおあずけだった私たち。


どれだけ横になれるベットが恋しいか・・・想像できるよね。



昨日固く約束をしてくれた宿のおねーちゃん。

かわいい笑顔で「おかえり~!!」迎え入れてくれると思った。




・・・




こわばっている。




・・・




「I have bad news。。。。」



・・・・・・・




もう怒る気も悲しむ気もなかった。



ただただ、放心状態。



そして



ザッツ ロシア。

アメージングロシア。


こんなにロシアを満喫できてなんてラッキーな私たち。(--;)



また夕方廃墟の宿のおねーちゃんがやってきた。


「私たちの状況聞いた?」


と、聞くと、さすがに廃墟の宿のおねーちゃんもさすがにびっくりしていたみたいで、怒っていた。


それだけでも何か救われた気がした。
ロシア人にも普通の感性があること知れてよかった。


そんなわけで、モスクワの3泊滞在はすべて廃墟ステイとなったのでした。


そして

【リピート、上記の☆から☆】


ネパールでも電気がなくて不便な思いしたけど、ネパール以上に精神的にどっちゃり疲れた。
なんていうんでしょう。

ネパールならしょうがないと思うんだけど、
なんかこんな先進国でこれっていうのがかなり想定外だったのでそんなショックでやんした。




気をとり直して、


冷たいおいしいビールでものんでハッピーになろうとレストランにはいれば


ぬるいビールが出てきた。



翌日は廃墟の宿で、誕生日の朝を迎えた。


サンクトペてブルグに飛ぶために余裕をもってと朝5時に起きて、空港に向かった私たち。


・・・が・・、地下鉄のゲートがしばらく開かずに


・・・・待ちぼうけ。


やっと開いたと思ったら、私たちの向かう方向の電車はしばらくこずに


・・・・さらにしばらく待ちぼうけ。



結局ギリギリ到着。


朝からなにも食べてなくて、頭が糖分不足。
せめてジュースでも・・・と自販機で買おうとするも


・・・売り切れ。


じゃ、仕方がないからバーで飲もうか、、と思うと


・・・搭乗時間です。



飛行機に乗り込み、朝からの待ちぼうけで三昧と糖分不足で頭がぼーっとしたまま
飛行機の中の移動時間にパソコンで写真の整理ぐらいしようとしたら



・・・パソコンが壊れていることに気づく。(これは痛い・・)




サンクトペテルブルグについて、バックパックを受け取ると、、
今回新しく買ったばかりのパックカバーが


・・・無惨にも引き裂かれていました。

(もちろんそのあとの処理もロシアンたらいまわしで、泣き寝入り。
帰国後に保険でカバーされることを願います。。)






・・・・



1個1個はたいしたことではないのだけど、
こうも連続で疲れ切った体にアンラッキーが続くとさすがの私もテンションをあげることは難しく


サンクトに着いても、宿がちゃんとあるのかという心配が拭いきれなかった。


しかし、


サンクトでは、愛馬が誕生日のプレゼントにと五つ星のホテルをとってくれていた!!

しかも、
部屋がアップグレードされていた!!

ホテルからサプライズシャンパンももらって、

かなりテンションあがってハッピーだったのですが・・・


翌日は愛馬とまさかの大大ケンカ!!!


前日の夜がかなりハッピーだっただけに

このケンカで大打撃・。

(ホントに素敵なバースディだったのですが、いまだプチケンカ中のため仲直りできたらまた日を改めてこの日のことをアップします



おかげで翌日は寝過ごして、最後の楽しみにとっておいたエルミタージュ美術館の鑑賞時間があまりない。
(堪能するのには3,4時間必要と言われていますが)


現地につくと、長蛇の列。
入れるまで小一時間。

入っても、すんごい人でなかなか楽しめず、、。

何よりケンカしていたので、気持ちが高ぶっていたので楽しめず、、。


そんな状況にさらに、悔しさにジタバタする大人げない私。



そのまま、ダッシュで観光を終わらせてシリアに向かうために空港に向かった。


サンクトもモスクワも空港は大混雑。


さんざん待ち尽くした2度の乗り換えでどっちゃり疲れを絞り出しました。


そんなわけで、疲労感に包まれながらロシアンウィークは幕を閉じました。(--;)



今朝、シリアに着きました。


素敵なホテルにたどり着き、素敵なシリア人に癒されて体をゆっくり休めてます。


全てリセット&エネルギーチャージされてる感じです!!


気分上々に向かっているのでご心配なく~!!



・・・・




人は、縁ある国を訪れて、
そこでカルマがあれば、そのカルマを落とされるような出来事が起こるという。


・・・私は前世なんかロシアで何悪いことしちゃってたんでしょうか・・?


そういえば、よく当たる占い師に「あなたはシベリアには行っちゃダメよ!!」って言われたことあるんだけど、
シベリアにいっていたらもっと悪いカルマがふりかかってきちゃうのかな?


・・こわっ!!・・・シベリアは絶対に行きませんっ!!



しかし、
ロシアでカルマ落とせてよかったに違いない~!!


今後はアゲアゲ間違いなしっ!!





あ、
今回は「個人的な」「やられました」シリーズでお送りしただけなのですが
ロシアはとーーっても素晴らしい国でした!!


次回は「ゴージャスロシア」でお送りしますね~










今日も読んでくれてありがとデス!
ランキングがんばってまーす!ぽちっと応援よろしくです!→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

携帯の方はこちら→ 旅行ブログ 世界一周

ランキング画面に飛びまーす!今15位ぐらいだよ~!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/219-35968ae1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。