◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2010/05/09◉ 病を巡る旅、その2


         「これはまずいですね」



「?!」


「この表面の穴は、膿がたまりすぎて、
外に出て行くところがないので、じぶんで排出口を作った穴なんんですよ。


この穴はあごに穴があいて出来たものなんです」



(詳しく説明してくれましたが、その構造上の詳細は忘れました・・)



ひっ、ひっ ひえ~!!!!

あ、あごに、、、

あ、、あなっ?!



そんなわけで、治療しても、今後再発の可能性も大だし、
ましてや長期旅行にいく予定があるのならやっかいだから抜いた方がいいと・・・。


最近親戚のおばちゃんで歯を抜いた事がきっかけで、
10年ぐらい顔面神経痛になった、、という恐ろしい話を聞いたばかりだったので、歯を抜くことに震え上がった私。


とりあえず、先生と相談して(食い下がって)しばらく普通の治療でなんとかという話になって
しばらく病巣の治療に通ってみた。


でも、治療の経過をみながら渋い顔の先生。。。



「やっぱり経過がよくないので、抜いた方が患者さんのためです。」




ひえ~っ!




そんで、実はもう一本、時々痛む奥歯があったのでそこを見てもらうと。




「虫歯ですね~。
でも、この奥にしっかり埋まってる親知らずをまず抜かないことには治療できません。」







             ま・・・・・


まぢっすか・・・・・・・


まさかの2本の抜歯・・・。



あのですね、
ほんとにですね、
レントゲンでみると、でっかいでっかい親知らずが、
歯茎の中~のほうに、がっつり綺麗に横たわっているんですよ。


もう、そのレントゲンみただけで、
その親知らずを掘り起こされて抜かれるんだと想像すると、それだけで気絶しそうなんです。





みなさん、想像してみてください。


あなたの口の中をみてもこんなにでっかい歯はみたことないような大きな歯が、
あなたの奥の歯茎の中にっ

ひとかけらも表に姿を現さずに埋まっていてっ

それを切り開かれて、堀り起こされて引っこ抜かれるっ・・・!!!


          ・・・・この恐怖。。



その宣告をされたのは3月だったのですが、
紹介してもらった大学病院はかなり混んでいるとのことでオペは4月に。
しかし、緊急オペがはいったとかなんかで時期をずらしてくださいとお願いされて、結局今月になったのでした。

気分はまるで執行猶予を延ばされた死刑囚。


そして、おとといようやく埋没していた親知らずの撤去オペの日を迎えました。


むかった先は某大学病院。


この難儀な歯はここじゃ抜けないからと大学病院を紹介されたのです。


ほんとに、気分としては、死刑台に登る気持ち。
朝からブルーで、病院までの足取りも重く。


なんど回れ右をして帰りたくなったことか・・・。


入り口にはでっかい野口英世のポスターがあった。
彼はこの病院とゆかりがあるらしい。

院内には銅像まであった。


野口英世はわが故郷会津の偉人。
小さい頃から、本や映画を読まされて、遠足には生家を訪れたり、大人の話の引用にもよく野口英世が現れていて
(昔、熱いからクーラー買ってくれと親にせがんだら、野口英世は熱くても寒くても勉強して立派な医者になったと断られた・・etc)

なんか地元の人に元気つけられたようでちょっとほっとしました。




いや、しかし



今回のオペで恐ろしかったのは、



まずは、



現れたのはまさかの若いおねーちゃん!!


通ってる歯医者の先生に、
「大学病院でそういう歯専門で毎日抜いてる先生いるから、そこで抜いてきてね。」
って大学病院紹介されて安心していたのにぃぃ!!



まぢか~??!!(偏見はいけませんが・・・・、熟練そうなおっちゃん先生を想像していもので。)


しかし、
きっと、消毒と麻酔までがこの先生で、
いざオペとなったらおっちゃん先生が現れるっと最後まで希望をもっていたのですが・・




             




「では、はじめますね~」とかわいい声で工事にかかりはじめた・。



                  ちーん・・




いやぁ、もうとにかく恐怖倍増でした。



この先は、ちょっと痛い話なので、
こういうの苦手な方はすっ飛ばしてください。。!!





ガキガキ
ギューイーンギュイーン。



わたしの恐怖心を煽る音と振動。


しかも、親切にもこの先生いちいち実況中継してくれるから、余計に恐怖が募るのです。


「うーん、、、かなり深くに埋まっているので、もう少し切りますね~

「え~、、ちょっと歯がひっかかて抜けないので、歯を削りますね

「ちょっと歯が大きすぎるので、いまから歯を割りますね~


「これからぬいまーす



どうせ麻酔してて痛みはほとんどないわけなので
なんども、恐怖心を消すかのように、自分の心を無にして、意識をとばそうとしているのにっ

この先生ってばそんな私をいぢわるかの如くに、現実の世界に呼び戻してくれてしまうのです~ぅぅ!!



ぐいっぐいっバキバキ。



よほどしぶとい歯なのか、
首からあごからぴっぱられる。

「これ、私本当に、後遺症とかでないのかな?」と、マジに心配したり、


たまにニュースや犯罪で見るような、
ひどいリンチとか拷問受けたりしたひとはこんな恐怖なのかしら?

なんて思いはせっててみたり・・。


体は硬直して、冷や汗が止まらない。。


もう頭の中では、

「世の中にはもっとひどい拷問を受けた人がいる。
そんな人たちのことを思えば、麻酔使えてるわたしなんて全然幸せよ~」なんて必死にこの状況を慰めていた。



しかも、何が痛いって、歯は麻酔してるから痛みはないものの、口のつけね!
子供が口から生まれてくるんじゃないかってほどに思いっきり広げられて、その上に機会の圧力加わりで、
絶対に唇が裂けてるぞこれっ!って思うほどで。(途中で軟膏塗られたし)



そんなこんなで一時間半ぐらいに及ぶ大手術がやっと終わった。



体全体と脳みそに走った緊張感、
もう私はぐったり放心状態でした。



そしてその夕方には顔が腫れてきました。


あんな、顔が腫れて包帯巻いてるって、漫画の世界だけかと思いましたが、
本当に腫れるんですね~


翌朝、


起きて第一声で愛馬に

「ねえ?腫れてる?」と聞くと


「今日は曇りだ」





・・・・・・・・




どうやら、愛馬はあたしの顔よりも天気のほうに感心が深いらしい・・・。



そして、私が鏡を見ながら


「ひえ~!!花咲かじいさんになっとるぅぅ



と叫んでると、


「こぶとりじいさんだ」



と、冷静につっこんでいた。


こんなにも動揺してる自分に気づく。
腫れると知っていてもビビリますね!



それから2日間。


口も開けず、痛みとストレスで全身倦怠感。
痛さから食欲もなくなり、完全流動食ですごしたこの3日間。

翌々日は、のどまで腫れて飲み込みも苦しい・・


まさか、抜歯のみならず抜歯後がこんなに辛いとは・・。


初体験でした・・。


柔らかくておいしいものを有り難く食べていたひいばーちゃんの姿がよぎりました。


「固くて食べれない。」


みじん切りのにんじんすらのどに引っかかる。

本当の意味で、歯の弱ったお年寄りの気持ちがわかった気がしました。


そして、こないだ買おうとしてたフードプロセッサーをさっさと買っとけばよかったと・・。



そんな事を、扇風機おばさん化してきた顔で苦しみながら思いにふけっていました・・。





今回の件以外にやたらと虫歯の多い私。

あたりまえだけど、小さい頃から歯は毎日磨いてる。
けど、虫歯になる。でも、兄は歯を磨かないのに虫歯にならない。
そんな不満をもらすと多くの人が、「体質」だといった。
だから小さいときからこれは「体質」なんだとあきらめていた。
(上品な人は虫歯になりやすい、、とまでいわれた事もあった・・)


しかし、今回通ってる歯科医の先生にこの説を一蹴された。


「体質だったら、とっくに歯がとけてないです!単純に磨き方と食習慣の問題です!」


「極論、食べ物を口にいれたその瞬間から腐敗がはじまります!
口の中の湿度と温度はばい菌が繁殖する最適条件です!
食べたらすぐ磨く習慣をつけて下さい!!」


超、なるほど。。。!!と思いました。



今まで朝と寝る前にしか磨いてなかった私。(昼はきまぐれ)
おやつのあとなんか磨く考えすらなかった。


子供の時からこういう教育を受けていたら絶対にもっと歯を磨いていて虫歯が少なかったと思います。

むしろ、1日ぐらい磨かなくても・・とそのまま寝てしまうこともあったり。。



歯は「健康=食=幸せ」の入り口。



こんな歯磨き教育はとっても大事と思いました!


これを読んでびびった方!


自分のみならず友達家族に広めましょう。歯磨き習慣!!歯磨き教育!!





みなさん歯はお大事に!!



明日は眼科です。やれやれ・・。



今日も読んでいただきサンクスです!
ランキングがんばってます!このポチでパワーもらえてます!→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

携帯の方はこちら→ 
旅行ブログ 世界一周

ランキング画面に飛ぶので、今何位かも見れまーす!今23位です
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/178-4e274959
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。