◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◉2010/01/26◉ 生還しましたっ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング応援ポチよろしくです♪
      
IMGP9237.jpg


しばらく死んでおりました・・

・・あ、写真のネコでなくであたしです。


「地球一周時々ジャパン」・・現在ジャパンでスリランカ回想アップ中のヤマダミキ。
次の中南米の旅立ちまでにスリランカ編を終わらせねば~!と、毎日せっせとアップしておりましたが、、、


ここしばらく死んでいました。
(ランキングもすっかり落ち込んでましたね


悲劇の始まりは、突然自宅のお湯がでなくなってしまった事。

自宅の湯沸かし器がどうやら壊れたようで。
夏ならまだしも、このまだ寒い1月の日本。お湯が出ないので、お風呂に入れなかったのです。
毎日ガス屋やメーカーが代わる代わるやってきて、
明日直るかな、明日直るかな、、と毎日お風呂を我慢していましたが、
3日目の当日も直らないことが発覚。
なんもなければもう少し、風呂なし生活の耐久戦しようかなと思ったのですが、その日の夜はVIPな方々との会合。

さすがに、3日間NOフロでの謁見はありえないだろうと、銭湯にいくことにしたのです。


で、
銭湯にチャリンコ飛ばしてたどり着く。
はじめてのその銭湯は、期待以上になかなかお風呂の種類も多く、露天風呂までありました。
貧乏根性が出た私は、この風呂を堪能しようと、各風呂にしっかり浸かる。

そろそろ出ようと水シャワーを浴びて出ようと思ったら、
くらっと具合が悪くなってしまった。


外との気温差のせいか・・
そこに、いきなり浸かりすぎてのぼせたのか・・
それとも、南米の旅目前の愛馬との決別の危機で精神的に憔悴していたせいなのか・・


具合がよくなるのを待とうと、シャワーのとなりにあった水風呂の浴槽に腰掛ける。


どのくらいの時間がたったのか・・




気がついたときには


「なんか布団が顔にかぶさってくるしいぃぃ。布団をはねのけたいのに、この布団のけてくれない~!!」


・・てな感じで、もがいていたんです。

で、


次の瞬間は、


はっ??!!

えっ?!

ここはいつ?いつはどこ?っ状態・・


目の前には裸のおばちゃん。

「あんた大丈夫っ?」

そうだ!ここは銭湯だ!

やっと自分の状況が認識されたのですっ!


わたしは、浴槽に腰掛けたまま、気を失って水風呂に倒れ落ちてしまったようで・・
それをおばちゃんが助けてくれたのです!


しばらく起き上がれなくて、状況もゆっくりとしか把握できなかったのですが、


鏡を見ると私の顔は真っ青。
しかも、気がつけば頭から流血!!


気を失っていたのでどんだけ強く頭をうったのかもわからないのがまた恐ろしくもあります


一部始終を見ていた銭湯に入っていたおばあちゃんが
「あんた頭から落っこちてびっくりしたよ!」と。


えーっ!そうなんだっ!!


頭を思いっきり浴槽の中の階段の角にバッシャーンと落としてしまったようですっ!


冷静になって状況をよく考えてみる・・。


昼間の銭湯ということもあって、ご高齢の方がほとんどだったのですが、
たまたま鍛えているような、パワフルなおばちゃんがいたから助けてもらえたもの。
(私はもがいてるとき、足を強くバタバタさせていたらしいので、パワフルなおばちゃんも蹴り飛ばされると思ったらしい。。高齢のおばあちゃんだったら無理だよね・・


あのおばちゃんがいなかったら、意識おぼろげで体が動かなかった私はそこから抜け出せなくて窒息死してたかもと思うと、ぞぞぞぞ・・です。
しかも、そんな水風呂に落っこちて心臓マヒおこしてたかもと思うとまた、ぞぞぞぞ・・・っですっ!


おばちゃんに「本当にありがとうございました!!」と深々とお礼をすると


「お互い様よ。・・お互い様。」


と、とってもクールにしれっと言い放ったおばちゃんがすごく印象的で、
胸にぐぐっときちゃいました。


ほかのおばあちゃん達にもかなり心配していただいて、恐縮しながらが銭湯を出る。


なんかよくよく考えると本当に命拾いした瞬間っ!



「今夜は出かけられるのか~あたし~?」と心配でしたが、
VIPな会合&幹事だったというプレッシャーのせいか、体調はウソみたいにみるみる復活。
むしろ、いつもよりも好調状態だったので、その夜は「さすがあたし~」と、そのままワイワイ普通に朝まで元気に過ごす。


しかし翌日
へんなめまい。食欲不振。吐き気。頭痛。


そして、その翌日は、完全にノックダウン。


体が起きなくなってしまいまったのです。

そして、起きればめまい、吐き気、頭痛・・
起きていられないほど、体が弱りきっていて・・
なんか精神的にも恐怖感のようなものに覆われてそれはもう最悪な状況・・。


その夜中には耳にまで経験したこことのない痛みが走ってきたのです~!!


自分の意識のないところで流血するほどに頭を打っていたと思うとさすがに

「ひえー、寝てこのまま死んでしまったらどうしよう」
「脳出血してて、ほっといたが故に脳障害にでもなったらどうしよう!!」

なんてぐるぐるぐるぐる・・

病人のマイナス思考は恐ろしいです。


まあ、そんな心配をすることで精神的ストレスも増やしたくなかったので、夜中救急で病院にっ!


で、
診察して、CTとってもらったのですが、

特に異常はないとのこと・・・


とりあえず、脳に異常がないのならと安心して寝る。



翌日起きると、透視のできる友達が(←スゴイでしょ)メールをくれていた。

私は身体的、精神的に疲れていて、エネルギー、ホルモンバランス、チャクラバランス、三半規管のバランス全てがが崩れてるから、病院に行ってもストレスといわれるだけだからとりあえず寝なさい。。と。
(いままでにないこのめまいのような感覚にびびっていたけど、
「三半規管のバランスが崩れてる」に・・なるほど~!と思ってしまいました(^▽^;))


基本、冷静クールなその友達、、でもすごく心配してくれていました。、、、
相当体まるごと弱っていたんだろうなっ・・て思います。・・
(はっしー、本当にありがとう


そんなわけで、CTで異常もなく、ひたすら寝たらいいのね~と解決策が分かるとある意味安心。
そんなわけで、ひたすら寝まくってみました。(こんなに人間ねれるのか?ってほどに寝れました!)


おかげさまで、まだ完全復活ではないものの、こうやってブログを書けるほどに元気になりましたっ!


ああ!健康って素晴らしいっ!!


そして、決別騒動していた愛馬とも、ある意味この病気騒動で別離の危機が免れる運びとなりました。


男と女の関係って、
ちょっとした言葉の綾、ちょっとしたきっかけや環境、それによる感情の波・・
そんなものの絶妙なコンビネーションで離れたり、くっついたりするものだと思うんですが、、


こんな事件もなかったら、今回ばかりは次の中南米の旅が1人旅になっていたかと思うと
また、ぞぞぞ・・ですね。



そんなわけで、
事故からも無事に生還。
体丸ごとの衰弱状態からも無事に生還。
愛馬とのプチ決別からも無事に生還しました


愛馬との問題が解決してから体調もみるみる回復!


ケンカ→精神・肉体衰弱→事故?
精神・肉体衰弱→事故→ケンカ?


どっちが先の問題が解らないけど、いずれにしても肉体と精神は本当に繋がっていて、
それによって引き起こされることも繋がっているんだなぁと改めて実感しました。


元気に旅を続けるには、両方しっかり気をつかわないと、うっかり泥沼ですね。


『体力的に無理をしない旅。素直に相手を思いやる心。』


気軽に相談できる友達も病院もないこれからの長期旅。


こんなシンプルだけど、調子がいいときにうっかりおなざりにしそうなこと。
しっかり意識して挑まねば、、と思いました☆



今回、助けてくれた素敵なおばちゃん、心配してくれたおばあちゃん、愛するマイスイートフレンズ
神さま、ご先祖様。
本当に本当にありがとうございますっ!


合掌






今日も読んでいただきサンクスです!
ランキングがんばってます!このポチでパワーもらえてます!→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ランキング画面に飛ぶので、今何位かも見れまーす!今14位です!
 人気ブログランキングへ←こちら2つもポチポチよろしく◎
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/139-c4cb5b7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。