◉--/--/--◉ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ランキング応援ポチよろしくです♪
      
IMGP8929.jpg
                            シーギリヤロック


この突如突き出た岩。

この岩だけでも十分スペシャルだと思う。

でもね、この岩はなんと・・


「宮殿」なんですよ!!


たけしさんが出る番組、「新・世界七不思議」で紹介されたこのシーギリヤロック!


まだ地球は一周していませんが、

これまでみた遺跡のなかで確実にトップスリーに入るインパクトとストーリー性のある
すごい岩でしたっ!!
【シーギリヤロックについて】

宮殿を建てたのは狂気の王と呼ばれているカーシャパ。

カーシャパは長男だったが、母親の身分が低かったため腹違いの弟に王座を取られることを恐れていた。
そして、父親を監禁して王位を剥奪した。
そして弟はインドに亡命。

監禁した父に「隠してある財産を全部だせ」と要求すると、父親は貯水池を指さして「これが私の財産全てだ」と答えた。(のちに聞くとその貯水池はスリランカにとってとても重要なものらしい。この王はすごく人民思いのすぐれた王様だったようです・・)
それに腹を立てて、家臣に父親を殺害させたカーシャパ。


そして、弟の復讐に怯えていたのか、父親を殺してしまった自責の念からなのか、
神がかったように、このシーギリヤの切り立った岩に宮殿を造り始めたのだ。

7年かけて宮殿を造り、独りで暮らしていたカーシャパ。

しかし、11年後、弟が軍を率いて帰国。戦いが始まったのだが、
劣位になったカーシャパは自らどをかき切り自害・・・


という・・
なんとも壮絶な人間の欲・コンプレックス・愛・憎しみなどが繰り広げられた壮絶な伝説があるのです!!


兄を破ったあと、弟はすぐに都をアヌラーダプラに移し、この宮殿を仏教僧に寄進。


そして、そのあとはここで何があったのか・・


ジャングルに長い間だ埋もれ、この壮大な遺跡が発見されたのは
なんとカーシャパが亡くなって約1400年後の、19世紀後半のことだという。


こんな人間ドラマとミステリアスなストーリーをもつシーギリヤ!


わくわくしてきますね~!!




IMGP8827.jpg



近くでみればみるほど、すごい迫力のシーギリヤロックっ!!



IMGP8834.jpg



僧院として使われた時の石窟寺院。
まっぷたつに割られたような岩がまたミステリアス~!



じゃーん!


IMGP8835.jpg



コブラ岩。・・・たしかにコブラっぽいっ!!




IMGP8837.jpg



ずんずんと岩に登ります。




この天空の岩の宮殿。

「シーギリヤレディ」という美女の壁画が有名なんです。
それを見るために、上へ上へと登っていきます。



IMGP8866.jpg




えー、、高所恐怖症の方は結構きびしいと思われますっ!!




IMGP8855.jpg



なんか足場が完全に工事現場っ!
日本だったらこんな観光地にこんな状態では公開しないと思いマース!!

ここまでくると高所恐怖症でなくても足がすくみますっ!
(この写真はわかりにくいけど・・)

高さだけでなく、この足場を信用していいのか・・という怖さもあります・・




とう~ちゃくっ!!!



IMGP8846.jpg



う・・・・


うわぁ・・・・



こ、これが・・・・








IMGP8858.jpg



シーギリヤレディ!!!!!


美しすぎるっ!




IMGP8843.jpg



そこには何人かの美女が鮮やかに描かれていた。

5世紀に描かれたというのにこの鮮明さ! 驚きです!!


当時は500人もの女性図があったというらしい。
でも、現在あるのは18人の図。



IMGP8842.jpg

IMGP8841.jpg



冷酷非道な狂気の王といわれたカーシャパ。
こんな鮮やかで優しい女性図とは無縁に思える。


この女性図は殺害してしまった父の霊を鎮めるためのものだと言われている。


でも、こうやって当時の20分の1ほどしかないこのシーギリヤレディの壁画を見ながら
この王の伝説の話を想像すると・・


愛に飢えて、愛に怯え、愛を欲しすぎた故に狂気の行動に陥ってしまった、
究極に寂しすぎて、不器用な男だったようにも思えてくる。

だって、
霊を鎮める、、なんてもっとほかの方法がたくさんありそうでないですか?
(毎日祈祷師に来てもらうとか、自ら何か宗教的なことをするとか・・もっと生々しいこと・・)


IMGP8840.jpg



カーシャパさん。なんとなく私はあなたが憎めません



IMGP8838.jpg



身分もなにも関係のない環境に生まれ
平凡に両親に愛され、女性に愛され、人を愛せる人に生まれ変わっていたらいいなぁと思いました。





IMGP8863.jpg


ミラーウォール(鏡の回廊)
真珠のような光沢があり、鏡のような光沢があるためこの名前がついたらしいけど、、

ぶっちゃけ、「どれがミラーウォール?」って探しちゃいました。
(ちょっとてかった壁にしか見えなかった)

この反対側にも美女が描かれていて、
このミラーウォールに映る仕組みになっていたそうな・・


なんともおもろいことをよく考えつくな~!


カーシャパさんは、天才的なアーティストにもなれたんではないだろうか??



IMGP8870.jpg


これはライオンの入り口といわれるところ。岩のてっぺんに繋がる階段への入り口です。

現在はこのライオンの足しかありませんが、
当時は頭があって、階段を上っていくと、ライオンののどに飲み込まれていくようだったのでは、、と
言われているらしい。



しっかし・・ほんとに・・・遊び心満載だなぁ。(笑)


カーシャパさんは、少年の心を忘れない大人だったのね。

すごいアイディアが盛り込まれたこの宮殿・・・


おもしろいっ!!


余談だと
ここの地名のシーギリヤは、シー(シンハ=ライオン)ギリヤ(のど)といういう意味でつけられたようです。


へぇ~。


さてさて、
いざ、この巨岩のてっぺんへ!!


この急な階段をのぼりまっす!!



IMGP8877.jpg 蜂の巣発見!! ひえ~!




IMGP8918.jpg



なかなかここもこわいですよっ!



IMGP8880.jpg ちょっとロッククライミング風



IMGP8878.jpg



見下ろす平原・・・

本当にスリランカって不思議な地形・・・


真っ平らなところに、、ポコっと・・



さって、頂上に到着っ!!


IMGP8849.jpg


水の広場と言われている、上下水設備が整った庭園。
これもこのシーギリヤ宮殿のすごいところ!

そして真ん中の道の先には白い仏像が・・!

この壮大な設計に圧巻です!!



3IMGP8883.jpg


おおー!
わんこ発見!!

お前もここまで登ってきていたのか~っ!


お前は・・何を見てるんだ~?
そして何を想ってるんだ~?


すごく感慨深い様子のわんこ・・


まさか、、お前はカーシャパの生まれ変わり?



すごい風の岩の上。


孤独感が増しそうな、すごいすごい風がふく岩の上だった。




どういう気持ちで、何を考えながらこの岩の宮殿で過ごしていたんだろう、、

なーんて感慨にふけってると・・・



「なんかこれ、ミスチルの Tomorrow never knowsのPV みたいだなっ!!」


と・・愛馬・・


IMGP8888.jpg



写真を撮らされました・・・
(ミスチルファンの方すいません・・



そして・・・


IMGP8893.jpg


「おたくはシーター(ラピュタ)みたいだな」(愛馬はあたしを”おたく”と呼びます)

とのせられてしまい、うっかり撮ってしまいました。
(ラピュタファンのかたすいません




IMGP8891.jpg



ずんずんと、先っぽの方に歩いていく愛馬・・



IMGP8902.jpg



では、
さっきのお礼に「1人タイタニック~!!




あ・・


バカップルですいませんっ





IMGP8898.jpg


しっかし、ほんとその古代によく作ったよね~。


どんだけでもぼーーっとできそうな
シーギリヤロックの頂上・・


IMGP8885.jpg   遊び疲れたあたし。



さぁ、シーギリヤロックの頂上も満喫して、下界におりました。



IMGP8925.jpg



最後はこんな岩のトンネルを抜けて、この壮大な宮殿の旅は終わりました。
最後まで不思議。


こんなでっかい岩どうやって運んだの?
それとも
偶然ここにあったの??


シーギリヤロック・・こんなに広くて壮大だとは思いませんでした!!


ガイドをつければよかったなぁとちょっと後悔・・。
(案内&もっと詳しいストーリーを知りたかった・・)




そんなわけで、スリランカの私の一番のお気に入りの場所、シーギリヤの旅でしたっ!



この場所・・かなりオススメです!







今日も読んでいただきサンクスです!
ランキングがんばってます!このポチでパワーもらえてます!→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ランキング画面に飛ぶので、今何位かも見れまーす!今7位です!
 人気ブログランキングへ←こちら2つもポチポチよろしく◎
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://minfinity39.blog73.fc2.com/tb.php/132-25fba215
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。